2016/01/09

お金の雑学

707views

乗用車も軽自動車も含めた【新車販売台数ランキング2015年】

軽自動車が自動車を制する時がついにやってきたか?

​​​​​​​

日本自動車販売協会連合会全国軽自動車協会連合会は2016年1月8日に2015年の新車販売台数を発表した。

国内新車販売台数ランキング2015年では軽自動車を除いた普通乗用車のみのランキングであったが、今回は軽自動車の販売台数も加味してランキングを出している。


前年2014年の新車販売台数ランキング1位は軽自動車が制したが、2015年のトップはいかに?

ではさっそくランキングをみてみよう。


※画像、紹介文は、Wikipediaより引用。

新車販売台数ランキング2015年 TOP10の発表

[10位]ワゴンR 108,107台

ワゴンR(ワゴンアール、Wagon R )は、スズキが生産・販売している軽トールワゴン。

[9位]カローラ 109,027台数

カローラ(COROLLA )は、トヨタ自動車が1966年より製造・販売している乗用車のブランド(商標)、および車名である。

[8位]アルト 109,355台

スズキが製造・販売するハッチバック型軽自動車。現行はアルトの8代目に当たるモデル。

[7位]フィット 119,846台

フィットは、本田技研工業が生産・販売しているハッチバック型の小型乗用車である。

[6位]ムーヴ 120,835台

ムーヴ(MOVE )は、ダイハツ工業が生産・販売する軽トールワゴン。

[5位]プリウス 127,403台

プリウス(PRIUS)は、トヨタ自動車が1997年に製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車(スプリット方式)、およびそれを中心としたハイブリッド専用車のブランド(商標)である。
現在、世界93か国で販売されていて、車名はどの国においても「プリウス」(PRIUS)を名乗る。

[4位]デイズ 150,696台

デイズ(DAYZ)は、日産自動車と三菱自動車工業の合弁会社NMKVが開発、三菱自動車工業が製造、日産自動車が販売する軽トールワゴン。

三菱の3代目eKシリーズとの共同開発車である。

[3位]タント 157,756台

ダイハツ工業が生産・販売している軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)。

[2位]N-BOX 184,920台

N-BOX(エヌ ボックス)は、本田技研工業が生産、販売するトールワゴン型の軽自動車である。

[1位]アクア 215,525台

トヨタ自動車が2011年より製造・販売を開始している量産の小型ハイブリッド乗用車である。

人気のハイブリッド車アクアが1位に返り咲き!

前年2014年の新車販売台数では軽自動車であるタントに首位を奪われたアクアだったが、2015年は堂々1位に返り咲いた。

2位のN-BOXとは3万台もの差がついている。


TOP10中、軽自動車はなんと6台もランクインしている。

2013年からこのような傾向は続いており、軽自動車人気はとどまるところを知らない。


2015年4月より軽自動車税が7200円から10800円に増税したが、販売にはさほど影響なかったと言える。

増税したとはいえ、普通乗用車の自動車税と比べれば全然安いからだろう。


今後もどれだけ軽自動車人気は続くのか。

またハイブリッド車はトヨタ車以外に代わるものがあるのか。

今後も新車販売台数ランキングのTOP圏内に注目していきたい。


〈 こちらもチェック! 〉

 【発表!】今どんな車が売れているのか?新車販売台数ランキング2015年

 女性に人気!コスパも高い軽自動車の売上TOP15!軽自動車販売台数ランキング【2014年】



この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「お金の雑学」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com