• 【旦那より頼もしい鍋】放っておくだけでおいしい料理が完成しちゃう魔法の鍋?!保温調理器「シャトルシェフ」3つのメリットを徹底解説!

2016/04/20

使う

820views

【旦那より頼もしい鍋】放っておくだけでおいしい料理が完成しちゃう魔法の鍋?!保温調理器「シャトルシェフ」3つのメリットを徹底解説!

「旦那は手伝わないし、台所に立ちっぱなしなのもしんどい…」。そんな主婦を助けるヒーローがいる?!

鍋 画像

世の奥様方で「旦那が全く家事に協力してくれない」と不満を抱いている人もいるでしょう。
一人でいくつかの料理をするとなると、それなりに時間がかかります。
料理をしている間、ずっと立ちっぱなしでしかも毎日料理を作るのは骨が折れると思っている奥さんも多いはずです。


しかし調理器具は日々進化していて、より負担を少なく快適に料理の作れる器具もいろいろと販売されています。
その中でも注目を浴びつつある新しい調理器具の中の一つに、シャトルシェフと呼ばれるものがあります。


シャトルシェフは保温調理器とも呼ばれていて、余熱を使って調理をしようという商品です。
このシャトルシェフの魅力について、以下で紹介しましょう。
いろいろなジャンルの料理を作るにあたって重宝するアイテムになるはずです。

シャトルシェフ最大の魔法。それは、「余熱で調理出来る」こと!

シャトルシェフとは、保温調理器のことで火をかけてその余熱を使って調理しようという商品です。
通常の鍋などを使って調理をする場合には、長時間火にかけてグツグツ煮込む必要があります。
しかしシャトルシェフを使って調理をすれば、沸騰させなくても余熱を使って食材に熱を入れることができます。


シャトルシェフですが、ステンレス製の魔法瓶と同じだけの保温力を持っています。
鍋の周りを魔法瓶のような保温容器が取り囲んだ構造をしているため、熱した時のエネルギーを中に閉じ込めるので、いつまでも熱さを維持できます。


一般の鍋の場合最初100度に沸騰させても6時間後には20度近くに冷えてしまいます。
しかしシャトルシェフを利用すれば、6時間後でも80度近くの温度をキープできます。
料理の煮崩れを起こすこともありませんし、食材の持っている風味を損なうことなくしっかり調味料の味をしみこませることができるわけです。


シャトルシェフの得意分野はおでんやカレーなどの「煮込み料理」!

 

シャトルシェフはいろいろな場面で利用できますが、特におすすめはカレーやシチュー、おでんのような煮込み料理やスープ系の料理です。
煮込み料理やスープ料理に共通しているのは、いずれも食材に味をしみこませる必要のある点です。


シャトルシェフのように沸騰させることなく、余熱を使って調理をするスタイルであれば、よりしっかりと具材に味をしみこませられます。
また普通に煮込み続けるのと比較すると、具材を柔らかい食感に仕上げることもできます。
しかも通常の鍋で煮込み続けると煮崩れを起こす可能性がありますが、シャトルシェフの場合必要以上に熱を加えすぎることもないので形はしっかりとしています。


煮込み料理をする時に、小さな食材にはしっかり火が通っているけれども、大きな食材は半生だったという経験はありませんか?
しかしシャトルシェフを使えば、余熱でいつまでも熱を具材に通すことができるので大きな具材でもしっかり火を通し、半生を回避できるのも魅力の一つです。

シャトルシェフは主婦の負担だけでなく、「光熱費」も減らしてくれるとっても有能な鍋なのです!

シャトルシェフは、世の奥様方の悩みの種である家計のやりくりをしやすくするというメリットもあります。
家計の中でも、光熱費がかなり厳しいという家庭も多いはずです。
シャトルシェフは余熱を使って調理できるので、余計なガス料金を負担する必要がなくなります。


通常の鍋を使って煮込み料理などを作る場合、沸騰させて、かつそのままの状態で弱火でコトコト煮ることも多いでしょう。
しかしシャトルシェフであれば余熱を利用するので、コトコト煮続ける必要がありません。
結果的にガス料金の節約効果が期待できます。


子どもの食事や旦那さんの食事の時間帯がばらばらという家庭も多いはずです。
夜遅く旦那さんが帰宅すると、すでに料理は冷え切ってしまっている、というケースも多いでしょう。
そうなると電子レンジでチンなどして、温め直さないといけないはずです。


しかしシャトルシェフの中に料理を入れっぱなしにしておけば、いつまでたっても温かい状態をキープできます。
よって電子レンジなどを使って温め直す必要もなくなり、その分電気料金を浮かせることもできるわけです。

専業主婦にもキャリアウーマンにも、ママさんにも、万人に勧められる調理器具です。

このようにシャトルシェフですが、料理にかかる負担をかなり軽減してくれる効果があります。
たとえばキャリアウーマンで共働きの家庭も増えているといいます。
仕事をしてきて帰宅してからさらに料理をするとなると疲れるでしょうが、シャトルシェフがあれば長時間煮込む必要がなくなり、調理の短縮化が期待できます。


専業主婦も料理以外でも、洗濯や掃除などほかの家事作業をいろいろとこなさないといけないでしょう。
シャトルシェフで効率的に料理の準備ができれば、洗濯や掃除も余裕を持って作業できるはずです。


しかも短時間で調理できるため、ガスや電気料金の節約効果が期待できるのも大きいです。
一家の財布を預かる主婦の心強い味方にきっとなってくれるアイテムと言えるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com