• 【使わない都会人は損しまくり!】お店に行ってアプリを起動するだけでポイントざっくざく!話題の来店ポイントアプリ「スマポ」に迫る!

2015/01/06

増やす

1966views

【使わない都会人は損しまくり!】お店に行ってアプリを起動するだけでポイントざっくざく!話題の来店ポイントアプリ「スマポ」に迫る!

ポイントは商品を買わないと貰えない…というのは時代遅れ?!

スマポ 来店ポイント


生活をしていく上で、色々なお店へ買い物に行くはずです。
スーパーやコンビニ、デパート、ドラッグストア、家電量販店などは利用頻度も高いでしょう。
便利で役立つポイントカードを発行している会社も中にはあります。


例えばファミリーマートやTSUTAYAで使えるTポイントカード、ローソンやゲオならPontaカードが有名ですね。
生活消耗品や必需品、また高額な買い物をすれば、付与されたポイントは次回来店時に使用できますので、大変に便利なサービスと言えるでしょう。
しかしカードを持つということは管理が大変ですし、何より1枚当たりの対応ショップ数が少ないなどのデメリットがあります。


そこで注目したいサービスが「スマポ」という、スマートフォン向け無料アプリです。

来店するだけでポイントが貰える…それが「スマポ」の大きな特徴!

スマポとはスマートフォンポイントの略で、対応しているお店へ行くだけでポイントが貯まります。
誰でもすぐにポイントを貯め始めることが可能な上に、スマホ普及率の増加によって参加企業も続々と拡大しているサービスです。


ポイントをゲットするまでの流れ

使用方法はとても簡単です。
まず「iTunes App Store」「Google Play」にてアプリをダウンロードします。
そして以下のように、スマホから普段利用しているお店が提携していないかを調べるだけです。


スマポ お店検索

<引用元:スマポ|スマポの使い方


もしもポイント付与対象となるお店が見つかれば、実際に足を運んでみましょう!

お店に到着したら以下のように、チェックインボタンをタップするだけです。


スマポ チェックイン

<引用元:スマポ|スマポの使い方

従来のポイントカードとは違い、商品の「購入」「申し込み」ではなく「来店」がポイント付与される条件となります。

無料でポイントが受け取れるだけでなく、貯めたポイントは特典と交換できますので、お宝探し感覚で始められますよね。



まとめると、無料アプリをダウンロードしてから対象ショップを探し、来店したらチェックインボタンをタップするだけです。

対象店舗は、アパレルから百貨店までさまざま!

スマポの魅力はポイントの貯め方だけではありません。
対象店舗がアパレル系のショップから百貨店やデパート、ドラッグストアまで多岐に渡るのです。


1、アパレル・アクセサリー・シューズ

・earth music&ecology
・ANAP
・IENA
・EGOIST
・CUBE SUGAR
・ライトオン
・ROYAL PARTY


2、百貨店・商業施設

・SHIBUYA 109
・大丸
・パルコ
・マルイ


3、スーパー・コンビニ・食品

・ESBI
・グルメプロムナード
・ライフ


4、家電・コスメ・スキンケア

・ビックカメラ
・アインズ&トルペ
・スキンフード
・マツモトキヨシ


5、サービス

・ソフトバンク
・デイリーコンタクト
・HIBIYA-KADAN


スマポの対応店舗について

上記企業はほんの一部となります。
ただし全店舗が対象というわけではありません。
基本的には東京や大阪など、都市部で展開をしているのです。


現在のチェックインエリアは700箇所で、主な都市圏をピックアップすると「渋谷エリア80」「新宿エリア45」「池袋エリア44」「大阪エリア62」になります。
必ずしもお近くにあるショップが対象とは限りませんので、その点については注意してください。

とはいえ、ポイントは交換出来なきゃ意味が無いわけで…何に交換出来るの?

東京や大阪に住んでいれば、無料アプリをダウンロードすることで今すぐにでも利用を開始できます。
しかし貯めたポイントに魅力がなければ、わざわざ来店する価値もありません。
そこで一部ではありますが、スマポで貯めたポイントの交換商品を紹介したいと思います。


交換可能な商品【特典】

・大丸ギフトカード:1P=1円、500Pから交換可能、翌月10日に商品券を郵送
・マルイ商品券:1P=1円、1000Pから交換可能、翌月10日に商品券を郵送
・ビックポイント:1P=1円、100Pから交換可能、2営業日後にポイントカードへチャージ
・山陽百貨店商品券:1P=1円、500Pから交換可能、翌月10日に商品券を郵送


上記、交換商品は特典の一部です。
利用を開始すれば、更に詳しい交換商品を確認できます。
また東京や大阪にチェックエリアが集中しているというだけで、名古屋や横浜、札幌にも対応エリアは数多くあります
特典に魅力を感じられれば、まずはお住まいのエリアからショップを探してみましょう。


効率的な貯め方

ショップによって最低交換可能ポイントが違います。
また付与される来店ポイントも異なりますので、ビックカメラのように最低交換数の低いお店を狙うという手段も考えられるでしょう。
もちろん週に1回以上も来店するデパートがあれば、欠かさずにポイントを貯めておきたいところですね。

結論:スマポを入れない=大損!

今はエリアが限られているという欠点を抱えていますが、スマートフォンを保有しているのであればスマポほど便利なアプリはないはずです。
実際に節約術を紹介しているサイトでは、こぞってスマポを取り上げています。
お金を貯めるために節約している人にとっては、お店へ行くだけで商品券などと交換が可能な来店ポイントを貰えるわけですから、スマホを持っているなら「スマポを入れない=大損!」となり得るでしょう。


家計簿をつけながら節約している人、暇つぶしの1つとしてお小遣いが稼げればと考えている人なら、試す価値は高いのではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「増やす」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com