2015/02/10

増やす

1630views

【nanapiワークス初心者必見】nanapiワークスで記事作成!その前に知っておきたい、3つの注意事項

nanapiワークスではカンタンに記事が書けるからこそ、注意することがある!

nanapiワークス 記事作成


在宅でお小遣いを稼ぐなら、記事作成サービスを利用すると良いでしょう。
ライティングという作業は数をこなしただけ確実に収入が得られるため、主婦や学生から人気です。


しかし、「僕(私)にお金になる記事なんて書けるんだろうか?」と思われるかもしれませんね。
たしかにサービスによってはプロのライターが執筆するような、本格的な文章を求めている場合もあります。


そこで注目を集めているのが、「nanapiワークス」という在宅サイトです。
nanapiワークスでは特別なスキルを必要としない、誰でも執筆が可能な依頼を複数扱っていますので、登録をすれば今からすぐに作業を始めることが出来ます。
求められる記事の質は決して高くはないため、初心者やライター経験の浅い人でも問題なく記事作成を行えるでしょう。


ただし文章を執筆するにあたって、いくつかの注意点を踏まえた上でスタートした方が良いです。
これから在宅ワークの手段としてライティング作業を検討しているのであれば、以下でご紹介する注意点を把握してからnanapiワークスを利用しましょう!

「ユーザー目線」を心がけた記事作成が大事!

記事を作成する場合、依頼先からの要望に合わせてライティング方法を変更しなければいけません。
ライティング方法とは簡単に言えば、文章の持つ雰囲気のことです。
依頼者が10代の女性に読んでもらう記事を欲しているのに、書いた記事が非常に堅苦しい口調なら承認してもらえないでしょう。


●よくある文章構成のタイプ

・wikipediaのような「ですます調」が基本となる、説明メインの文章
・ブログやツイッターに掲載するような、とてもフランクな文章
・知りたいことを教える「How to記事」

・体験談を自分の言葉でまとめる文章


●nanapiワークスの文章構成とは?

基本的には上記3番目の「How to記事」が多いです。
よってユーザー目線の記事かどうかが、非常に重要視されます。


例えばスマホアプリやパソコンソフトの使い方を説明する記事なら、順を追って説明していかなければいけません。
また場合によっては説明内容と合致する画像を掲載する時もあるのです。
つまりスマホアプリを初めて利用する人でも、その文章を読めば理解できるような、ユーザー目線のHow to記事を書かなければいけません。


もちろん体験談を執筆する依頼もありますので、必ずしもユーザー目線かどうかが問われるわけではないです。
指定条件とは違ったライティング方法の場合、nanapiスタッフから提出記事を差し戻されるかもしれません。
記事を書く時に「どういう文章が求められているのか」に注目しましょう。

できるだけ、「自分の得意分野」で執筆しよう!

nanapiワークスには常時、数十件の執筆可能な依頼が掲載されています。
よって得意分野の中からライティングを始めるべきです。


例えば主婦の人なら生活の知恵や料理レシピ、節約術などが書きやすいでしょうし、サラリーマンの方なら趣味や本業に関係した依頼なら文章を書くことも苦ではないはずです。

書きやすい記事であれば本数も稼げるため、収入も増えますよね。


ところが少しでも多く稼ぎたいと思った場合、全ての記事を執筆しようと思いがちです。
釣りの経験が無いにも関わらず、渓流釣りのマナーやルール、体験談、やり方を紹介することは難しいでしょう。
インターネットを活用すれば簡単に情報を入手することは出来ますが、時間効率は非常に悪いですよね?


また女性が男性向けの依頼を受ければ、文章の内容から「あれ?おかしいぞ?」と矛盾点が生じるはずです。
執筆可能な依頼が必ずしもご自分の得意とするテーマではないかもしれませんが、出来るだけ得意分野からライティングを行うように意識しましょう。


記事作成サービスを利用していけば、必ず執筆可能な分野も増えていきます。

ライター経験が浅い人は、数をこなすことから始めていきましょう!

ずっと記事作成をし続けるのも禁物!適度な休憩は大事です!

nanapiワークスを利用して執筆できる記事の中には、1件300円という案件が多いです。
写真を掲載する作業に慣れてくれば作成スピードも増しますので、1時間で3件こなすこともできるでしょう。
すると時給900円ということになるため、下手にアルバイトをするよりも稼げるかもしれません。


しかしライティングとはパソコンに向かって、ひたすら文字を打ち込む作業です。
数をこなせば、それだけ報酬は増えていきますが、体調が悪くなる場合も考えられるでしょう。
そのため1時間に5分の休憩を挟むなど、適度に休憩を入れながら記事作成を行うべきです。


パソコンの長時間操作は眼精疲労だけでなく、不眠症や腱鞘炎、頭痛にも繋がります。
副業が原因で病気を患ってしまっては意味がありませんので、1日の作業時間を決めることも大切かもしれませんね。

一日30分の記事作成で、さくっとお金を稼いじゃおう!

依頼によって報酬額は変動しますが、もしも1件300円の案件に取り組めるのであれば、1日2件の文章執筆でも月に2万円前後の金額を稼ぐことが出来ます。
慣れてくれば1日30分の記事作成でも達成は可能ですので、日常のちょっとした時間を活かしてnanapiワークスで稼いでみましょう!


nanapiワークスは初心者から中級者向けの記事作成サービスとなります。
もしも本格的にライター活動を行いたいのなら、経験を積む場としては最適ですね。


( Image by pakutaso.com )

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「増やす」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com