2017/01/05

使う

1106views

自己破産者でも作れるクレジットカードはある?徹底解説します。

破産者は新規にクレジットカードを作ることはできない?

自己破産をすると基本的には正規の金融機関からのキャッシングはできませんし、クレジットカードを作ることもできないというのが一般的な通念です。

 

しかし、これは法律で決められているのではないことに注目しましょう。

 

法律では自己破産者に金を貸したりしてはいけないなどという規定はまったく無いのです。

 

では、どうして自己破産をするとキャッシングができなくなり、クレジットカードが作れなくなるのか?

 

答えは金融機関やクレジットカード会社の自衛策のためなのです。

 

つまり、過去にキャッシングをしてその返済が出来なくなったという金融事故履歴のために金融機関などから見る個人信用が失われているからです。

 

しかし、今はきちんと仕事をしていて、収入も安定しているとなると、その人の現状は自己破産をしていない人と同じか、あるいはそれ以上になります。

 

ここである例を見てみますと、某外国銀行は自己破産をした人にクレジットカードを発行したという事実があります。

 

その理由は、過去は過去、現在は現在という考え方にあるようです。

 

すなわち、確かに過去にはキャッシングのし過ぎで返済が不能になり自己破産をしたのですが、その後の生活設計で立ち直るというケースがあるのです。

 

そうなると、自己破産者にキャッシングをしたりすることは法律で規制されていないのですから金融機関の判断次第ではどうにでもなるということになります。

 

ただし、過去の金融事故を見るとどうしても自己破産者にキャッシングを認めたりすることには抵抗感があるようです。

 

つまり、また返済不可能になる可能性が高いとみなされてしまいます。

審査に通りやすいクレジットカードは存在する。

この世の中に、審査に通りやすいクレジットカードは存在しない、と言うのはやや早計のようで、審査が甘いということではなく、「審査が柔軟な」クレジットカードは確かに存在します。

 

そのクレジットカードの名前を具体的に言いますと「アコムACマスターカード」で、特におススメするのは、最初の1枚のクレジットカードを作るのならこのカードです。

 

複数のクレジットカードを所有している人でも最初は1枚からですが、それなら「アコムACマスターカード」がおススメで、この審査に落ちるようなことがあれば、他のクレジットカード審査にも落ちるでしょう。

現在あなたが持っているクレジットカードを死守しよう!

自己破産をすると全財産を没収される、というのは都市伝説であり、そのようなことはありません。それどころか自己破産をしても所有するクレジットカードは有効なのです。

 

ただし、ただしですよ。そのクレジットカードの返済は歯を食いしばってでもするようにしましょう。きちんと返済をしていれば、そのクレジットカードが無効になるようなことはありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com