2017/03/06

借りる

1903views

ブラックでも借りれる金融会社はあるのか?徹底検証してみた。

ブラックでもお金を借りられるのか?


平成22年に貸金業法が改正されて総量規制が導入されましたから、お金を借りてその返済に行き詰る人は減ったかと思いきや、今でも借りたお金を返せないでブラックになる人は多いようです。


ちなみに、いわゆるブラックというのは3ヶ月以上、クレジットカードやローン(携帯料金を含む)の支払を延滞・滞納をした人」のことです。


ブラックになると、もうどこからもお金を借りることはできないというのが一般的ですから、ブラックでも借りれる金融機関はあるのか?と検証してみました。


そうすると、それがあるのです!


厳密に言うと、あることは確かです。


しかし、それは銀行や大手の「消費者金融などの正規の金融機関ではありません。


何とそれは、ソフト闇金と自称する金貸し業者なのです。


自ら闇金と名乗っていますから、違法行為を承知の上で、例えば3万円をそのような業者から借りると、2週間後には3~4割という法外な利息をつけて、4万2千円~4万4千円を返さなければならないのです。


いいですか、なんとたった半月足らずで利息が30~40%というのは、年利にするととんでもない超超高利なのです。


ここでは、そんな闇金の類ではなく正規の金融会社についてのお話をしたいと思います。

審査に通りやすいのはどっち?消費者金融(キャッシング) VS 銀行カードローン


お金を借りる先は大別すると、消費者金融(キャッシング)と銀行カードローンになりますが、借入申込で審査に通りやすいのは、どちらかと言えば消費者金融になります、というのが定説です。では、この説は本当なのでしょうか?


事実を申しますと、実はどちらも審査に関しては同じなのです。その理由は、大手の銀行カードローンの審査をおこなうのは銀行ではなく、キャッシングのノウハウを豊富に蓄積している提携している消費者金融だからです。


したがって、消費者金融も銀行カードローンもキャッシングやカードローンの審査に関しては変わらない場合が多いということになります。

審査が緩い?と思うのは甘い。3つの独立系の銀行カードローンとは?


キャッシングやカードローンで審査が緩いとか甘いというのは言葉の綾であり、審査は厳しいと思いましょう。


しかし、実際には審査は金融機関ごとに独自の基準があるので、「ローン審査に通りやすい」ところは存在します


「ローン審査に通りたい」という方におススメは、独立系の銀行カードで、具体的には1.オリックス銀行カードローン、2.新生銀行カードローン「レイク」、そして3.イオン銀行カードローンBIGです。


オリックス銀行はネット専業のオリックスグループの銀行で、リース業からはじまり今ではプロ野球球団をかかえるようになりましたが、クレジットカードの分野でも有名で、豊富な顧客の個人情報を蓄積している貸金業のプロです。


カードローンもいくつかのタイプを発行しており、そのなかにはかなり低金利の商品や、利用限度額が大きい商品があり、また比較的審査に通りやすいと言われるカードローンもあります


ちなみにオリックス銀行のカードローンは利用限度額に応じて10種類ほどありますから、このなかから比較的利用限度額が低いカードローンなどに申込めば審査に通りやすくなると考えられます。


「レイク」は以前は独立系の消費者金融として有名で利用者も多かったのですが、いわゆる過払い金請求が活発化してから経営が苦しくなり、新生銀行の系列化に吸収されました。


しかし「レイク」というブランドは有名なので、新生銀行は銀行ローン事業でカードローンに「レイク」という名前をそのまま使用しています。


なお、新生銀行は大手ではありませんが、事業用の大型融資に加えて、個人向けのキャッシング的な要素が強い貸出にも積極的ですから、この特性を利用して「レイク」に申し込みをして、無利息期間なども活用することができます。


イオン銀行の主力はネットバンキングですが、親会社であるイオン株式会社をはじめとするイオングループは流通・小売業の分野では今や日本一で、その多彩な流通・小売店をインターネットと合せて活用し、カードローンBIGをはじめとする各種カードローンを発行しています。


なお、イオン銀行カードローンBIGの審査をするのはオリックス銀行系列の会社ですから、オリックスカードと同時にイオン銀行カードローンBIGに申込まない方が良いでしょう。

消費者金融系のクレジットカードと事業者向けのビジネスローン


お金を借りるのはキャッシングやカードローンだけではなく、クレジットカードや事業用のビジネスローンがあります。ここでクレジットカードやビジネスローンについても見ることにしましょう。


消費者金融系クレジットカードの代表的なものには、アコムACマスターカードがあり、法人・個人事業主向けのビジネスローンや融資には、ビジネクストとオリックスクレジットカード「ORIX CLUB CARD」があります。


ちなみに、これらの場合の審査形態や審査の流れはカードローンとの共通点もありますが、異なる面もあります


ですので、他の会社のクレジットカードで審査に通らなかった、だがどうしてもクレカをつくりたいという方は、アコムACマスターカードへの申込みがおススメで、審査の面で融通が利きます。


また、事業資金の融資で、銀行や国民政策金融公庫からの融資を断られたが、その運転資金はどうしても調達しなければならないという経営者や個人事業主の方は、あきらめずにビジネクストあるいはオリックスクラブカードをおススメします。


このように、どうしてアコムACマスターカードや、ビジネクスト、オリックスクラブカードがおススメかという理由は、その審査基準の違いにあります。


言い換えればこれらのカードローンの審査が緩いとか甘いとかではなく、審査基準の観点やポイントが通常のカードローンとは異なるからです。

まとめ


以上、アコムACカード、ビジネクスト、オリックスクラブカードがおススメだと申しましたが、ここで理解しておきたいのは、融資希望者が完全なブラックであった場合は、いかにしても融資は無理だということです。ブラックリストにもランクがあり、完全なブラックではクレジットカードの新規発行ができないばかりでなく、携帯電話の新規契約さえもできないのです。


そのような場合、ここで強く申し上げたいのは、そのようなブラックの状態だからと言って、闇金や街金に手を出すことだけは絶対にしてはならないことです。そんなことをすると必ず一生を棒に振る結果になることを心から理解してください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

関連記事

関連記事はまだありません。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com