2016/11/04

借りる

1031views

あなたは通る?フリーローン審査で重要視されるのはこの3つ!!

フリーローンの審査が不安……そんな時は3つの項目をチェックしておこう。

フリーローン 審査


ローンの種類の中に、使用用途が決められていないフリーローンというものがあります。
このローンを利用しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
フリーローンは金利が低いので、そのような金利の低いローンを探している人には最適のローンでしょう。


しかし利用しようと思う場合に気になるのが、審査に通るかどうかでしょう。
審査に通らなければ、いくら金利の低いローンでも意味がありません。
何が審査で重要とされているのか、自分の年収などでは審査に通るのか気になるものです。
そこでここではフリーローンで重要視される審査項目について解説します。

フリーローンの審査で見られるのはこんな項目です。

フリーローン 審査項目

1. 年収と就業状況

まずは年収と勤続年数です。
もちろん年収は高ければ高いほど良く、それだけ年収が高ければそれに見合った金額の融資も受けられます。
年収とともに、大企業や有名な企業に勤めていると尚良いです。


また同時にその企業に何年勤めているかの勤続年数も重視されます。
いくら大企業で年収が高くても、勤続年数が1年未満だと審査で落とされることがあります。
逆に中小企業でも勤続年数が長いと評価は高く、長く勤めていればそれだけ融資を受けた後も働き、十分に返済していけるだろうと見られるのです。

2. 他社からの借入状況

他社からの借入件数と借入額も重要です。
これは複数社から小額を借りている場合ほど、審査では評価が低いです。
複数社からお金を借りているという場合は、それだけお金に困っており、お金をかき集めている人であると見られて、融資をしてもそれを本当に返済できるのか疑問視されるのです。


逆に1社から、たとえば100万円借りているような人は、100万円借りられるだけの信用力があるということであり、複数社から借りている人よりも審査での評価は高いです。
ただし1社でも総量規制ギリギリぐらいの高額融資を受けていると、他のローンの審査で落ちる可能性は高くなります。

3. 個人信用情報

ローンの申し込みをしたり、ローンの返済や遅延や債務整理をすると、その情報は個人信用情報に記載されます。
そして新たなローンに申し込んだ場合は、ローン会社はその信用情報を見て審査の参考にして合否を決めます。


過去にローンの遅延や延滞などを繰り返していれば、その情報が信用情報に記載されるので、ローンの審査では不利になります。
また債務整理をしていれば一定期間はローンを利用できません。
もしもあなたが不安なら、本人でも個人信用情報を閲覧する事はできるので、信用情報の取り扱っている会社に見に行くと良いでしょう。
CICやJICCがその会社です。

特に問題なければ、審査落ちする確率はおそらく低いと言えます。

ローンの審査では、特にあなたに問題がなければ、審査で落ちる可能性は低いです。
あなたに問題はないのに、融資希望額が多すぎると、それで審査落ちすることはあります。
または融資希望額が多いと、それより低い金額の融資額を提示されることもあります。


しかし、あなたの状況が悪いならまずはそれを改善すべきです。
過去にローンの遅延や債務整理をしている、他社からに借入件数が多いなどと場合はそれを改善すべきです。
過去にローンの遅延をしているなら、少し時間をおいてローンを申しこむべきであり、他社からの借入件数が多いなら、まずはどこか完済して件数を減らすべきです。


あなたの状況が悪いのに、ローンに申し込んでも、それは審査不合格になる機会を増やすばかりであり、どんどん融資では不利になっていきます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

関連記事

関連記事はまだありません。

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com