2015/03/24

貯める

3207views

【貯金が続かない人、超必見!】貯金が続く人に学ぶ、貯金をバッチリ成功させるための三大思考法

貯金が続く人に共通する、3つの考え方を知ればみるみるうちにお金が貯まる!

豚さん貯金


日本では現在、貯金がゼロという家庭が増えているという危機的状況にあります。

たしかに貯金がゼロというのには、日本の経済状況も深く関係していると思います。

ですが経済状況や周囲の状況だけに、貯金ができないということを押しつけていたのでは、貯金はいつまでたっても出来ません。


また、貯金が出来ない出来ないと悩んでいる人がいる反面、しっかり貯蓄している方も、たくさんいます。

ということは、貯金が出来ないのは経済状況以外にも、もしかすると他に理由があるのかもしれません。


そこで、貯金が出来ている人のコツを、ちょっとだけ知って、貯金が出来るような考え方にシフトチェンジしていくのも、いいいのではないでしょうか。

ちなみに貯金が出来ている方のコツというのは、数えきれないほどあるというわけではありません。


実は、たった3つ、3つの考え方を知るだけで、あなたも明日から貯金体質に変われるかもしれないのです。


考え方その1:「収入−(固定費+貯蓄)=使えるお金」と考える。


貯金が出来ないと悩む方に、その詳細をたずねてみると、だいたい収入に対して出ていく方いわゆる出費が大きくて、とてもとても貯蓄なんて無理という方が、とてもたくさんいる事に気が付きます。


たしかに、どの家庭でも収入があれば当然、出費だってあります。

ですがこの出費というのが実は曖昧で、出費の中には日々の生活費もプラスして計算しているという方も、たくさんいるのではないでしょうか。


そして、さらにそれら出費の中から必要経費を差し引いた後の残りを、貯蓄として回そうとはしていないでしょうか。

収入があって、そこから必要な経費を差し引いて、さらに生活費を引いて残りを貯蓄しようとしても、なかなか貯蓄は出来ません。


それは、残ったら貯蓄しようという少々甘い考えと、残ったら…と考えても、だいたいは残らないで使ってしまうという現実的な理由があるからなのです。

では残らない家計費を、どのようにすれば貯蓄に残せるようになるのかというと、それは先取り貯蓄をするのです。

先取り貯蓄は残ったら貯金…ではありません。

最初から、これは貯蓄に回そうということで先に貯金しておく方法なのです。


考え方その2:貯金をする「目的」や、貯金をした後の「イメージ」を明確に持っている。


貯金というのは、貯金をするということだけが目的であると、本当の意味での目的が曖昧になり、貯蓄に対する意欲も薄れて当然です。

意欲が薄れると、もちろん貯金する額にも、当然影響が出てきます。

こうなると、気が付くと貯蓄が出来ていない体質へ…ということも、よくあります。


では、しっかり貯蓄が出来ている方は、どうなのでしょうか。

貯蓄が出来ている方に尋ねてみると、だいたい貯蓄に対して、目的やイメージをしっかりと持っています。

例えば外国へ旅行をするために貯蓄をしているという方は、外国へ旅行している自分をイメージできるために、貯蓄に対して意欲がわいてきて、頑張って貯めようと思えるわけです。


貯蓄をするために大事なことというのは、この意欲と目的、そして貯めた後のイメージが出来るかどうかなのです。

なんとなく貯蓄…これは一番貯蓄においてはタブーなのです。


考え方その3:ムリ・ムダは徹底的に省く!


○月までにいくら貯めたいから、ちょっと無理しても○円貯蓄して貯める…。

この目標はいいことかもしれませんが、あまり無茶な目標を立てると、目標は目標で終わってしまい挫折することになりかねません。


また貯蓄を、しっかりしている人に話を聞いてみると、我慢はしない程度に無駄なものは買わないで徹底的にムダ・ムリを排除しています。

さらに貯蓄に対する目標はしっかりあるけれど、決して無理な貯蓄計画は立てていません。


そうなのです、ここが貯蓄をしっかりできている人と、貯蓄が出来ていない、挫折してしまう人との違いなのです。

ですが貯蓄できている人は、計画的でムリ・ムダがなくて、きちんと貯蓄できている。

そして、きちんと貯蓄は出来る人でないと難しい、できない…そういうわけではありません。


ちょっとしたムリ・ムダの排除と、出費をし過ぎない、そして無理のない、無理をしない自分の出来る範囲での貯蓄、これだけで十分貯蓄体質になれるのです。

考え方を変えたら、あとは行動あるのみ!


貯蓄できる体質になるには無理のない貯金計画と、無駄な出費を抑えてコツコツ貯蓄するだけ…。

貯蓄に対する意気込みというのは、ちょっとした意識改革と計画で十分だと言えます。


ですが考え方を変えただけでは、実際の貯蓄は出来ません。

では、どのようにすれば貯蓄が出来るのでしょうか…。


それは貯蓄に対する考え方をチェンジ出来たら、あとは貯蓄に向かって行動するだけです。

意識を変える事が出来たら、あとは実際の行動を取って行く事が出来れば、自然と貯蓄は出来るのです。


貯蓄は無理をして貯蓄しようとすると、逆に挫折してしまう可能性が高くなるのです。



この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com