2016/01/18

借りる

1375views

【一長一短?】ディーラーローンは高金利って本当?そのメリットデメリットに迫る!

ディーラーローンは金利が高いからやめておけ!と言うけれど……。

ディーラーローン 金利


車を買うときにお金がなければ、マイカーローンという選択肢があり、その中にディーラーのディーラーローンというものがあります。
ディーラーに行って車をそこで買うときに、そのまま契約できるローンです。


車の購入と同時に契約できて便利なように見えますが、一般的にディーラーローンは金利が高いという特徴があります。
高いので他の会社のローンにしようと言う人もいるかもしれませんが、ディーラーローンにはメリットもデメリットもあります。

ディーラーローンには、こんなメリットもあります。

ディーラーローン メリット

銀行などの金融機関が提供するマイカーローンより審査に通りやすい!

ローンは金利が高いほど審査に通りやすいという特徴があります。
そのために金利の高いディーラーローンは、銀行のローンなどよりも審査に通りやすいです。
他社でのローンの借入れがあり、マイカーローン審査が心配だなどという方はディーラーローンに申し込んだ方が、ローンは組みやすいです。

審査から融資までの時間が短い!

ディーラーローンは店頭で申し込むと、審査は30分から1時間で結果が分かります。
それに比べて、銀行などのマイカーローンは審査に遅いと1週間ぐらいかかることもあります。
すぐに車の購入代金を用意したいなら、マイカーローンがスピーディーで良いです。

販売店で契約と同時に申し込めるから手間がかからない!しかも土日祝日でもOK!

ディーラーで申し込めるので、車の契約と同時にローンが組めます。
契約書の書き方などもディーラーの方が教えてくれて、書き方が解らないなどのことは無いでしょう。
銀行などでローンを組むよりもとても楽に契約が進みます。


しかも土日もディーラーは営業しており、営業は夜まで行っています。
銀行と違い平日の仕事が終わった後、土日の休みにディーラーに行ってもローンを組めます。

アフターサービスなどを受けられる場合も!

ディーラーローンは、出来るだけお店の人はローンを組んで欲しいと考えています。
そのために多少審査条件に合わない方でもローンが組めたり、オプションを付けてくれたりすることもあります。
また場合によっては、アフターサービスをつけていくれるような時もあり、ディーラーローンを組むなら、少し無理なお願いでも聞いてもらえるかもしれません。

車体自身の販売価格を値下げしてもらえる可能性が!

ディーラーローンを組むときには、ローンを組んで欲しいと店の人は願うので、おまけとして車体価格を値引きしてくれることもあります。
もちろんあなたから値引き交渉しないと、店の人からすすんで値引きすることは少ないです。


値引き交渉では駆け引きが大切であり、まずは現金で買うことを前提として値引き交渉をする、そして折り合いが付かない頃にディーラーローンを利用すると言うと値引きに応じてくれやすいです。

とはいえ……金利が高い、というのは事実。ディーラーローンのデメリット。

ディーラーローン デメリット

審査が比較的易しくスピーディな分、金利は高めです。

審査が緩い分ディーラーローンの金利は高いです。
大手銀行の金利と比べると、1.5倍から2倍ほど金利が高くなることもあります。
他社での借入れが多くローンの審査が不利だという人以外は、時間に余裕があるなら銀行ローンも検討すべきでしょう。

金融機関系のマイカーローンより、最大返済期間が短めに設定されがちです。

銀行の返済期間は8年から10年であるのに対し、ディーラーローンは7年以内です。
多くのディーラーでは2年から5年と設定しているところが多いです。
あまり収入に余裕がないと返済が厳しいかもしれません。
またディーラーでは早く車を買い替えて欲しいと思っているので、返済期限を短めに設定しています。

ディーラーローンで賄える範囲は、「車体のみ」のことが大多数。

ディーラーローンの多くは、ローンに含まれるのは車体価格のみです。
それ以外の諸経費は前払いとなることが多いです。
これはキャンセル防止の意味も含まれています。


ただしディーラーによって対応は違い、諸経費の一部を支払えばよい、下取り車を諸経費に含めるなどの対応をしてくれるところもあるので、支払いが困難なら交渉してみるべきです。

完済するまで、その車はあなたの自由にできません。

ディーラーローンで支払う場合は、完済するまでは車の所有権はお金を貸している信販会社側にあります。
もちろん運転は購入者が自由にでき、自宅に置いておくことが出来ます。
普通に運転しているぶんには何も問題はありません。


しかしもしも返済途中に車を売りたいとなると、ローンの残り残高を一括で返済しないといけません。
これが銀行のローンなら、返済途中でも車は売ることが出来、ローンの支払い残高だけが残り、車売却後も毎月ローンを返済することとなります。

何事も鵜呑みにせず、様々な商品を比較することが大事です。

ローン 比較


ディーラーローンは金利が高いというデメリットがありますが、それ以外に審査に通りやすい、車体価格値下げが可能であるなどのメリットもあります。
もしも車を買うときにローンを利用するなら、ディーラーローンは金利が高いということだけで避けるのではなく、色々なローンを比べてみてどれがよいか実際に確かめて決めるべきです。
安易に銀行ローンにすると、あっさりと審査落ちで他のローンを再度探すようなことになるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com