いくらJMB ローソンPontaカード VISAが必要でも、審査に通らなければ意味が無い!

JMBローソンPontaカードVISA

ローソンで頻繁に買い物する人におすすめのクレジットカードが、JMB ローソンPontaカード VISAです。
ローソンで買い物した場合、100円に付き1ポイント、来店をしただけで1ポイントが付与されます。
ちなみにカード払いをした場合には、1000円につき5ポイントをゲットできます。


JMB ローソンPontaカード VISAにはiDという電子マネーが搭載されているため、キャッシュレスで手軽にショッピングを楽しめます。
ポイントはPonta提携店で還元する、もしくはローソンのクーポン券と交換できます。

 

関連記事:JMB ローソンPontaカード VISAを7つの観点で徹底検証!

 

しかし、JMB ローソンPontaカード VISAに限らず、クレジットカードを手にするためにはまずは審査に通る必要があります

審査と言えども、その難易度はカード発行会社やクレジットカードの性質によって変わってくるものです。

 

そこで、マネストではJMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度について、8つの項目から検証してみました!

JMB ローソンPontaカード VISA
JMBローソンPontaカードVISA
発行会社 株式会社クレディセゾン
ブランド VISA
年会費 永久無料
ポイント還元率 0.5%〜
電子マネー iD、楽天Edy
海外旅行保険
国内旅行保険
お申し込みはこちら

目次

1. クレディセゾンという会社から審査難易度を比較する

(1) グループ会社・関連会社

(2) 営業収益(売上高)と会員数

(3) 会社の系統

(4) 加盟信用情報機関と保証会社

2. JMB ローソンPontaカード VISAのしくみから審査難易度を比較する

(5) JMB ローソンPontaカード VISAのステータス

(6) 分割手数料とリボ払い手数料

3. JMB ローソンPontaカード VISAの評判から審査難易度を比較する

(7) 発行スピード

(8) 口コミ・評判

JMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度は……星4つ!

1.クレディセゾンという会社から審査難易度を比較する

クレジットカードの審査難易度は、カード自体だけでなくカードの発行会社にも依存します。

たとえば同じゴールドカードでも、楽天カードとアメリカン・エキスプレスカードでは全く違いますよね。

ですから、カードの審査難易度を知る際には発行会社について知る必要があります。

 

カード会社の審査難易度を知るには、4つの項目を検証する必要があります。

(1) グループ会社・関連会社

クレディセゾンの主なグループ会社は、以下の通りです。

·  出光クレジット株式会社

·  りそなカード株式会社

·  静銀セゾン株式会社     

·  ユーシーカード株式会社

·  高島屋クレジット株式会社

 

クレディセゾンの関連グループ会社は上の通りで、流通系や大手カード会社、銀行系カードなどほかのクレジットカード会社も見られます。

こちらのいずれかで過去に支払いを巡るトラブルがあった場合、JMB ローソンPontaカード VISAの審査はいつまでも否決されてしまう恐れが高いです。

(2) 営業収益(売上高)と会員数

クレディセゾンの営業収益は2590億円で、会員数は2560万人に達します。

これは日本のクレジットカード業界の中でも屈指の規模といっても差し支えはないです。

 

会員数が多い、営業収益も高いのは、クレディセゾンは融資に対して積極的と推測ができます。

結果的にクレジットカードの審査もそれほど厳しくなく積極的に会員集めをしていると推測できます。

(3) 会社の系統

カード会社は、大きく分けて以下の4つに分類出来ます。

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 消費者金融系

 

クレディセゾンは、信販系のクレジットカード発行会社となります。

ですので、他の系統に比べると審査難易度は高めです。

(4) 加盟信用情報機関と保証会社

クレディセゾンの加盟する信用情報機関は、【JICCとCIC】です。

上記の信用情報機関に審査に不利になる情報が掲載されていなければ、審査に落ちる可能性は低くなります。

また、保証会社はクレディセゾン自身ですので、過去にクレディセゾン保証のローン等で遅延や延滞などを起こしていると、審査落ちの可能性は高まるでしょう。

 

 

クレディセゾン自体の審査難易度についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

関連記事:クレディセゾン発行のクレジットカード審査に通るか落ちるかの難易度を4項目から徹底検証!!

お申し込みはこちら

2.JMB ローソンPontaカード VISAのしくみから審査難易度を比較する

(5) JMB ローソンPontaカード VISAのステータス

クレジットカードには、それぞれステータスというものがあります。

有名なものだと、ゴールドカードプラチナカード、果てはブラックカードと呼ばれるような、高いステータス性とサービスを兼ね備えたものがあげられます。

このカードのグレードによって、審査の難易度は変化します。

 

カードによる審査難易度としては、下記のような形になります。

 

●ブラックカード

……カード会社側から優良顧客であると認められ、招待(インビテーション)されなければ申込すらできない。

●プラチナカード

……普通の人でも利用実績と信用情報が整えば作成も不可能ではない最上級のカード。

基本的にはカード会社からの招待制となっているが、自発的に申込をすることのできるカードもある。

●ゴールドカード

……一般カードよりもサービス面などが充実している。

最近は自分で申込ができるものも多いが、招待制となっているカードも根強く残っている。

●一般カード・クラシックカード

……世に溢れるクレジットカードのほとんどはこの一般カード。

一括払いから分割払い、リボ払いまでどんな支払い方も可能で、サービス面もそこそこ。

●リボ払い専用カード

……支払方法は原則リボ払いのみとなっているカード。

ポイント面やサービス面で一般カードよりも優遇されていることが多いが、審査は一般カードよりも易しめ。

●デビットカード

……銀行口座の残高から即引落しされるカード。

クレジットカードのようにカード会社が立て替える訳ではないため、審査は無いと言っても良い。

JMB ローソンPontaカード VISAは、「一般カード」に該当。

クレジットカードのステータスで見た場合、JMB ローソンPontaカード VISAは一般カードに相当します。
クレジットカードのスペックや特典を見ても、きわめて標準的な内容のカードといえます。


審査に関しても、標準的なハードルの高さと言って良いでしょう。
ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカードと比較すると、決して審査の難易度は高くありません。

(6) 分割手数料とリボ払い手数料

クレジットカードは言ってしまえば、「後払い」ができるシステムです。

次の月に一括で返したり、2回払いまでは手数料無料としているところが過半数ですが、3回以上の分割払いやリボ払いには、手数料が必ずかかってきてしまいます

この手数料は、ローンで言う金利と思って差し支えないでしょう。

 

ですから、手数料が安いほど個人の信頼性が重要視され審査は厳しくなりますし、手数料が高いほど審査は甘めになってくると言えます。

 

JMB ローソンPontaカード VISAの支払手数料は、わりと一般的。

主なカード会社の支払手数料を、以下の表にまとめました。

系統 企業名 分割手数料
(年率)
リボ手数料
(年率)


三菱UFJニコス 12.25〜15.00 15.00
JCB 7.92〜18.00 8.04〜18.00
三井住友カード 12.00〜14.75 15.00
アメリカン・エキスプレス 14.90 14.90
ダイナース - 15.00
シティカード 10.77〜13.17 12.00〜18.00


オリコ 12.20〜15.00 10.20〜15.00
セディナ 12.20〜14.82 15.00
ジャックス 12.25〜15.00 15.00
アプラス - 15.00


クレディセゾン - 14.52
イオン 10.05〜12.04 15.00
セブン・カードサービス 15.00 15.00
ライフカード 10.00〜14.90 15.00
エポス 15.00 15.00

JMB ローソンPontaカード VISAをはじめとするセゾンカードでは、3回以上の分割払いには対応していません。
1回か2回払いやボーナス1回・2回払い、リボ払いのいずれかの中から支払方法を選択する形をとっています。
つまり手数料でJMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度を評価するためにはリボ払い手数料で判断する必要があります。

クレディセゾンのリボ払い手数料は年率で、14.52%です。
他のカード会社のリボ払い手数料を見てみると、10~18%が相場になっていることがわかります。


このクレジットカード業界の相場と比較するとクレディセゾンの手数料設定は、きわめて平均的といえます。
そう考えると、JMB ローソンPontaカード VISAの審査の難易度は手数料で見る限り、標準的なハードルの高さであると結論付けられます。

お申し込みはこちら

3.JMB ローソンPontaカード VISAの評判から審査難易度を比較する

(7) 発行スピード

誰しも、学校で試験を受けた経験はあると思います。

AさんとBさんが1時間の時間が与えられた試験を受け、2人とも40分で最後の問題まで到達したとしましょう。

残り20分を、Aさんは最初から最後までくまなく見直しに費やし、Bさんは1分ぐらいで見直しをした後、時間になるまで寝ていました。

学力は同じぐらいだと仮定して、どちらのほうが点数は高かったと思いますか?

この場合、「Aさんのほうがしっかり見直しをしたために、点数が高かったのでは」と考えるのではないでしょうか。

 

クレジットカードの審査でも、同じことが言えます。

カードの発行スピードが早ければ早いほど、審査にあまり時間をかけておらず、反対に「発行まで2週間や1ヶ月の時間を要します」ということであれば、それだけ審査には慎重を期している、という判断が可能です。

JMB ローソンPontaカード VISAの発行スピードは、最短で1週間

JMB ローソンPontaカード VISAの申し込んでからカードが手元に届くまでの期間ですが、最短で1週間となっています。
クレジットカードのポータルサイトを見てみると体験談をもとにして、クレジットカードが到着するまでにかかる日数は申し込んでから平均12.5日となりました。


ただし審査結果が通知されるまでにかかる期間は、平均0.9日でした。
この審査期間はかなりスピーディといえ、そこまで詳しく審査を行っていないことがうかがえます。
言い換えると、JMB ローソンPontaカード VISAの審査の難易度は決して高くないと推測できるわけです。

(8) 口コミ・評判

クレジットカードに限らず、どんな商品にしても一番参考となるのは、口コミなどの評判です。

様々な口コミサイトを見てみると、審査に関して以下のような書き込みがありました。

多重申し込みでもOK

短期間に3つのカード会社に申し込んでいたので無理かなと思っていたのですが、あっけなく審査クリアしてしまいました。

在籍確認がなかったみたい

会社には在籍確認の電話はかかってこなかったみたいですが、審査に合格できました。

ショッピング枠が多くてびっくり

決して年収が多くないのですが、ショッピング枠80万円も認められて少しびっくりしてしまいました。

お申し込みはこちら

JMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度は……星4つ!

これまで8つの項目でJMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度について検証してきました。

マネストでは、JMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度を、このように位置づけます。

JMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度:★★★★☆

JMB ローソンPontaカード VISAは一般カードということもあって、決して審査の難易度は高くないことが推察できます。
実際口コミサイトを見てみても、審査に簡単に通過してしまったという意見もしばしば出ていたほどです。
そこで当サイトでは、JMB ローソンPontaカード VISAの審査難易度を星4つと評価させていただきました。


申し込んでから審査結果が通知されるまで、平均1日かかっていないスピーディさは評価できます。
カードを持ちたいけれども審査に受かるかどうか不安という人は、JMB ローソンPontaカード VISAに申し込んでみませんか?

JMB ローソンPontaカード VISA
JMBローソンPontaカードVISA
発行会社 株式会社クレディセゾン
ブランド VISA
年会費 永久無料
ポイント還元率 0.5%〜
電子マネー iD、楽天Edy
海外旅行保険
国内旅行保険
お申し込みはこちら

関連する記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com