2015/11/11

使う

344views

【海外での必需品】旅行にも留学にもオススメ!キャッシュパスポート8つの魅力に迫る!

現金は手数料がかかるし、カードは使いすぎそうで怖い……そんなときはキャッシュパスポート!

キャッシュパスポート

(Photo by 写真AC)


海外に行くなら必ず現地の通貨が必要であり、それを用意する必要があります。
現金を持ち歩くという方法もありますがこれは両替手数料がかかります。
クレジットカードで支払うという方法もありますが、これは使いすぎる危険があります。


そんなときにおすすめなのがキャッシュパスポートです。
パスポートと名前が付いていますが、入国時に使うパスポートとは違い、見た目はクレジットカードと似ています。


これはこのカードに入金した金額だけ、買い物で使うことが出来るカードであり、デビッドカードのようなものだと思うと良いでしょう。
入金した金額だけ使えるキャッシュカードなので、使いすぎる心配もなく、現金と違い盗まれても被害は最小限に抑えられます。

キャッシュパスポート8つの魅力はこれだ!

キャッシュパスポート 魅力

(Photo by 写真AC)

1. クレジットカードと違って審査ナシ!しかも1週間あれば届きます!

申し込みには審査無く、カードは1週間ほどで到着します。
急に海外へ行くことになったときでも十分間に合います。
もしも急いでいるなら。緊急申込書で申し込むと良いでしょう。

2. ATMで現金も引き出せる!しかも外貨両替よりおトクです!

キャッシュパスポートは、現地のATMを使って現金も引き出せます。
現金が使いたいときでも使うことが出来るのです。
しかも手数料は外貨両替よりも安いです。

3. 現金を引き出さなくてもOK!マスターカードとして使えます。

買い物の時はこのカードで買い物することが出来、わざわざ現金を引き出す必要がありません。
マスターカードのマークのあるお店ではクレジットカードとしても使うことが出来、マスターカードとして使うなら、通常のクレジットカードと同じようにサインすれば使えます。

4. 本カードと一緒にスペアカードも発行!もしもの時も安心です。

カード発行時には本カードと一緒にスペアカードも発行されます。
もしも万が一本カードを紛失しても安心です。
本カードを無くしたら本カードの使用を止めて、スペアカードを使うということも出来ます。
本カードとスペアカードのPINコードは違いますので、どちらが本カードか分かるように目印を付けておくと良いです。

5. お金のおみやげとはサヨナラ!1枚で7通貨共通して使える!

キャッシュパスポート1枚で日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルと7つの通貨が使えます。
好きな通貨にチャージして、その国で使われている通貨にして買い物が出来ます。
この7つの通貨があれば、多くの国で買い物には困らないでしょう。

6. 入金はインターネットバンキングだけでなく、日本からの口座入金も可能!

キャッシュパスポートを使う場合は予めカードに使いたい分だけ入金します。
入金方法はインターネットバンキングに、口座送金も可能です。
海外へ出発する前にはネットバンキングか口座から入金しておくと良いでしょう。

7. レートは出金時でなく入金時のもの!好レートの時に入金するとおトクです。

日本円から目当ての通貨にチャージする場合の為替レートは、入金時のレートで交換されます。
これは大きなメリットであり、レートの良いときに入金すれば、それだけ多くの通貨に交換できます。
常にレートをチェックして良いときに入金しておくとお得です。

8. いざという時も安心!24時間365日、緊急電話サービスを行っています。

緊急アシスタントサービスが24時間365日無料でサポートします。
サポートは複数言語に対応していますが、日本語でのサポートも可能です。
サポートサービスでは、紛失盗難時の対応、残高照会、暗証番号確認、取引履歴確認、簡易通訳、緊急現金手配サービスがあります。

これからの海外旅行・海外留学には必需品とも言えます。

海外 キャッシュパスポート

(Photo by 写真AC)


海外へ行くなら、キャッシュパスポートを使うのがとても便利です。
外貨両替よりも手数料が安く、入金した金額分だけしか使えないので、使用しすぎる心配もありません。
しかも発行まで審査無しで1週間で到着し、急いでいるときでも使えます。


カードの発行手数料も維持費も無料でお金がかかりません。
メインで使わなくても、万が一の予備として持っておけば安心できます。
ただし1年間使わないと管理手数料が発生します。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com