2015/11/24

使う

594views

【知らないとマズい】そのリボ払いの支払方法理解してる?リボ払いの支払方法総まとめ!

元金・元利、定額・定率、残高スライド……意味分からん!ってなりますよね。

返済方式 種類

クレジットカードの支払い方法にしても、様々な種類があります。
元金定額や元利定額や残高スライド方式などと、カード会社によって採用している支払い方法は違います。


リボ払いというのは、クレジットカードの利用額を毎月一定額返済していく方式の総称であり、その中に上記のようないくつかの種類があります。
難しい漢字が続いてわかりにくいかもしれませんが、その中身を知れば違いがすぐにわかります。

まずは元金と元利、定額と定率の違いを知ろう!


元金 元利 定額 定率

元金と元利:返済額に利息を入れるか入れないか、の違い

さて、返済方法の大きな違いとして元金と元利がありますが、これは返済額に利息が含まれるか含まれないかの違いです。

元金方式

こちらは毎月の返済額に利息が含まれます。
たとえば毎月の返済額が1万円なら、1万円に利息が含まれ1万円が毎月の返済額になります。
1万円から利息を引いた分が商品の代金の返済に充てられます。

元利方式

こちらは毎月の返済額に利息が含まれない方式です。
たとえば毎月の返済額が1万円なら、元利では1万円に利息を足した金額が返済額になります。


定額と定率:返済額の決め方の違い

定額と定率では、返済額が一定額で決めるのか、返済額を割合で決めるのかの違いです。

定額方式

こちらは毎月の返済額を一定額にする方式です。
毎月の返済額を1万円など一定額にします。

定率方式

こちらは毎月の返済額を割合で決める方式です。
毎月の返済額を残高の10%にするなどとして決めます。

さらに……「残高スライド」という方式もあります。

これは毎月の返済額が利用残高に応じてスライドしていく方式です。
たとえば100万円の残高なら毎月15,000円、これが50万円を切れば10,000円になるなどというように、毎月の利用残高に応じて、返済額も変化していきます。
利用残高が少なくなればなるほど、毎月の返済額も少なくなる方式です。

実際に支払い方をシミュレーション!

支払い方法 クレジットカード

返済方式は元金・元利・残高スライド方式というのがあります。
カード会社各社ではリボ払いではこれらを組み合わせて返済方法を決めています。
実際にどのような返済方法になっており、いくらの返済金額なのかシミュレーションしていましょう。
ここでは例として利用額100万円、金利は15%として計算します。
計算はここでは返済回数2回目まで計算しています。

元金定額リボルビング方式

毎月の返済額は定額であり、その定額に利息は含まれない方式です。
毎月の返済額を5万円とします。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = 50,000円+12,328円 = 62,328円
残高 = 100万円-5万円 = 95万円


2回目
利息 = 95万円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = 50,000円+11,864円 = 61,864円
残高 = 95万円-5万円 = 90万円

元利定額リボルビング方式

毎月の返済額に利息を含む元利であり、毎月定額で返済します。
毎月の返済額を5万円とします。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = 50,000円-12,328円 = 37,672円
残高 = 1,000,000円-37672円 = 962,328円


2回目
利息 = 962,328円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = 50,000円-11,864円 = 38,136円
残高 = 962,328円-38,136円 = 924,192円

元金定率リボルビング方式

こちらは毎月の返済額は定率であり、その定率の返済額に利息は含まれません。
例として5%の定率で計算します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = (100万円×5%)+12,328円 = 62,328円
残高 = 100万円-5万円 = 95万円


2回目
利息 = 95万円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = (95万円×5%)+11,864円 = 59,364円
残高 = 95万円-5万円 = 90万円

元利定率リボルビング方式

こちらは毎月の返済額は定率であり、その定率の返済額に利息は含まれます。
例として5%の定率で計算します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = (100万円×5%)-12,328円 = 37,672円
残高 = 1,000,000円-37672円 = 962,328円


2回目 :
利息 = 962,328円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = (962,328円×5%)-11,864円 = 36,252円
残高 = 962,328円-36,252円 = 926,076円

残高スライド元金定額リボルビング方式

こちらの方式は残高によって返済額がスライドする方式です。

毎月の返済額は定額であり、その定額に利息は含まれる方式です。
たとえば、
利用残高が100万円以上なら月5万円
利用残高が50万円以上なら月3万円
という風になると仮定します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = 50,000円+12,328円 = 62,328円
残高 = 100万円-5万円 = 95万円


2回目
利息 = 95万円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = 30,000円+11,864円 = 41,864円
残高 = 95万円-5万円 = 90万円


2回目は残高が100万円以下になったので、月々の返済額は3万円にスライドしています。

残高スライド元利定額リボルビング方式

こちらの方式も残高によって返済額がスライドする方式です。

毎月の返済額は定額であり、その定額に利息は含まれない方式です。
たとえば、
利用残高が100万円以上なら月5万円
利用残高が50万円以上なら月3万円
という風になると仮定します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = 5万円-12,328円 = 37,672円
残高 = 1,000,000円-37672円 = 962,328円


2回目 :
利息 = 962,328円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = 3万円-11,864円 = 18,136円
残高 = 962,328円-18,136円 = 944,192円

残高スライド元金定率リボルビング方式

こちらの方式も残高によって返済額がスライドする方式です。

毎月の返済額は定率であり、その定率の返済額に利息は含まれません。
たとえば、
利用残高が100万円以上なら月5%
利用残高が50万円以上なら月4%
という風になると仮定します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = (100万円×5%)+12,328円 = 62,328円
残高 = 100万円-(100万円×5%) = 95万円


2回目
利息 = 95万円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = (95万円×4%)+11,864円 = 49,864円
残高 = 95万円-(95万円×4%) = 912,000円

残高スライド元利定率リボルビング方式

こちらの方式も残高によって返済額がスライドする方式です。

毎月の返済額は定率であり、その定率の返済額に利息は含まれます。
たとえば、
利用残高が100万円以上なら月5%
利用残高が50万円以上なら月4%
という風になると仮定します。


初回 :
利息 = 100万円×15%÷365日×30日 = 12,328円
返済額 = (100万円×5%)-12,328円 = 37,672円
残高 = 1,000,000円-37672円 = 962,328円


2回目 :
利息 = 962,328円×15%÷365日×30日 = 11,864円
返済額 = (962,328円×3%)-11,864円 = 17.005円
残高 = 962,328円-36,252円 = 945,323円

自分の利用している支払方法が、どれなのか確認しておこう!

支払い方式 クレジットカード

いかがだったでしょうか?
元利・元金・定率・定額・残高スライドという方式が組み合わされています。


元利・元金で返済額に利息は含まれるのか含まれないのか、

定率・定額で毎月の返済額は定額なのか定率なのか、

さらに残高によって変動する残高スライド方式なのかどうなのか、

これを分けて考えるとわかりやすいです。
まず、計算するときは返済額に利息が含まれるのか含まれないのかを考えることです。
たとえば5万円返済したとしても、それに利息が含まれれば利息が引かれた分が残高の返済に充てられるのです。


数字が並びいくつかの方式がありますが、たとえ返済方式に漢字が並んでいても元利・元金・定率・定額・残高スライドを分解して一つずつ意味を理解して計算すれば、利息はいくらなのか、返済額はいくらで残高からいくら返済に充てられるのかがわかります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com