2015/09/09

使う

2959views

パスタウンPASMOカードを7つの観点で徹底検証!

パスタウンPASMOカードとはどんなカード?



パスタウンPASMOカード三井住友カードの発行するクレジットカードです。

パスタウンPASMOカードの特徴は、PASMO内の残金が少ない状態で改札を通ると自動的にチャージを行ってくれる、いわゆるオートチャージ機能に対応していることでしょう。

しかもカード払いですから、チャージの利用分もポイントとして加算されるのが魅力です。


また、このクレジットカードはPASMO一体型ですので、通勤・通学でPASMOを利用する人にはおすすめです。


パスタウンPASMOカード
発行会社株式会社 三井住友カード
ブランドVISA
年会費1,250円
ポイント還元率0.5%~1.0%
電子マネーiD、Pasmo
海外旅行保険最大2,000万円
国内旅行保険なし
お申し込みはこちら


年会費や付帯カード、電子マネーについて



パスタウンPASMOカードは、年会費無料で使える?

パスタウンPASMOカードは初年度から年会費として1,250円がかかります。

郵送で利用明細を送らないWEB明細サービスに登録すると、次年度から年会費が500円引きに、また入会時にマイ・ペイすリボに登録し利用することで、初年度年会費を無料にすることもできます。


パスタウンPASMOカードで、ETCカードや家族カードは作れる?

ETCカード

ETCカードは初年度年会費無料、2年目以降は500円の年会費で作ることができます。

ただし年に1回でも高速道路の利用実績があれば、翌年度の年会費も無料になります。


家族カード

家族カードを作ることは可能ですが、1枚当たり年会費400円が必要です。


パスタウンPASMOカードで使える電子マネーは?

電子マネーは電車で利用できるPASMOとNTTドコモのiDが利用できます。

通常のPASMOでは、残額が少ない状態で改札を出ようとすると改札が閉まってしまい恥ずかしい思いをしがちですよね。

しかしパスタウンPASMOカードでは最初からオートチャージ機能がついているため、チャージが少なくても改札機で止められる心配がありません



お申し込みはこちら


ポイントやマイルについて



パスタウンPASMOカードを使うと、どのくらいポイントが貯まる?

パスタウンPASMOカードを利用するとワールドプレゼントというVISAのポイントが付与されます。

1000円ショッピング利用につき1ポイントが付与されます。


貯まったポイントは景品と交換できるほか、Tポイントや楽天スーパーポイントと交換することも可能です。


有効期限

ポイント獲得月から2年が経過するとポイントは失効してしまいます。


ボーナスポイント制度

年間利用額に応じてポイントが変わってきます。

それぞれ前年度50万円利用であれば翌年度50万円利用で50ポイント、10万円ごとに10ポイント100万円の場合50万円利用で75ポイント、以降10万円ごとに15ポイント300万円利用翌年度50万円利用で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイントのボーナスポイントが付与されます。


またリボ払いを選択した場合には、通常の2倍のポイントが獲得できます。


パスタウンPASMOカードで、マイルを貯めることはできる?

パスタウンPASMOカードでは、貯めたワールドポイントをANAとシンガポール航空、アリタリア航空のマイルと交換することが可能です。

ANAとシンガポール航空は100ポイントから、アリタリア航空は200ポイントから交換可能で、100ポイント単位で1ポイントを3マイルと交換できます。


有効期限

ワールドプレゼントのポイントの失効する2年間となります。


ボーナスポイント制度

マイルプログラムに特化した、特別なボーナスサービスは実施されていません。



お申し込みはこちら


支払方法について



1回払い・2回払い

いずれも手数料無料で支払いができます。


分割払い

最高24回払いまで対応していて、手数料は12.00~14.75%となります。


ボーナス払い

ボーナス一括払いが可能で、手数料はかかりません。


リボ払い

マイペイすリボと言って、月々の支払金額を5000円もしくは1万円以上1万円単位で自由に設定できます。

その他にもあとからリボと言って、一括や2回払いを選択した後支払いが厳しいようであれば、あとからリボ払いに変更することも可能です。


リボ払いを選択した場合、一律手数料が15.00%かかります。



お申し込みはこちら


保険や独自サービスについて



パスタウンPASMOカードには、どんな保険が付いてくる?

パスタウンPASMOカードには海外旅行傷害保険とショッピング保険が付与されます。


海外旅行保険

最高で2000万円までの補償に対応できます。

ただし利用付帯と言って、旅費などを事前にカード払いした場合にのみ、保障は適用されます。


国内旅行保険

国内旅行傷害保険は付帯されていません。


ショッピング保険

年間最高100万円までの補償をしてくれます。

ただし3回以上の分割払いやリボ払い、海外のショッピングで利用した場合にのみ適用されます。


不正利用保険

カードを紛失・盗難で不正に利用された場合、申請のあった日から60日前にさかのぼって、身に覚えのない請求が来た場合、全額補償されます。


パスタウンPASMOカードならではの特徴やサービスはある?

クレジットカードとPASMOを一体化して持てるところが魅力です。

とにかくカード類はかさばるからできるだけ持ちたくない!という人や、PASMO1枚だけ持って出かけたい!という人にはぴったりのカードです。



お申し込みはこちら


パスタウンPASMOカードのメリットはこれだ!



オートチャージ機能がついている

Pasmoオートチャージ機能によって、残高が足りない場合でも自動的に入金されます。

この場合後払いとなりますが、1000円ごとに1ポイントが付与されるところも魅力です。


海外旅行傷害保険がついてくる

カード利用が条件となりますが、最高で2000万円までの保険がついてきます。

賠償責任や携行品損害等、幅広い補償に対応しています。


ショッピング補償がある

もしカードで購入した商品が盗難や損害の被害を受けたとしても、購入日から90日以内であれば最高年間100万円の補償が受けられます。



パスタウンPASMOカード
発行会社株式会社 三井住友カード
ブランドVISA
年会費1,250円(税込)
ポイント還元率0.5%~1.0%
電子マネーiD、Pasmo
海外旅行保険最大2,000万円
国内旅行保険なし
お申し込みはこちら


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com