2015/10/24

使う

1487views

【50万円の壁】クレジットカードの選び方は年間利用額で変わる?!年会費無料と有料カードはどちらがおトク?

クレジットカードの年会費は無料に限る……その考え、実は損しているかもしれません。

クレジットカード 年会費

(Photo by 写真AC)


クレジットカードには年会費があり、無料と有料のクレジットカードがあります。
年会費無料のクレジットカードなら、カードを保有していたとしても年会費はかかりません。
それなら、やはり年会費無料のクレジットカードの方がお得なので、有料のカードは持ちたくないと考えている人もいるかもしれません。


しかし年会費が有料のクレジットカードでは、無料のカードにはない特典やサービスがあり便利です。
またその月のカードの利用料金がいくら以上だと、次年度の年会費は無料になるクレジットカードもあります。


年会費が無料と有料のクレジットカードでは、どちらがお得なのでしょうか?

年間利用額が50万円以上なら……年会費のかかる高還元率カードでも元は取れます。

年間利用 50万円以上

(Photo by 写真AC)


年に50万円以上クレジットカードを利用する人なら、迷わず年会費有料の高還元なクレジットカードを使うと良いです。
還元率が2.0%や1.75%などの還元率の高いクレジットカードを選ぶと良いです。


年間50万円以上利用すると、翌年の年会費が無料になるクレジットカードもあります。
単純計算で1ヶ月4万円ほど利用すると、年間50万円以上の利用となります。
公共料金の支払いだけで月に2万円前後はなりますので、それほど年間50万円はハードルは高くないです。

年間利用額が50万円以下なら……年会費無料のカードで十分!

年間利用 50万円以下

(Photo by 写真AC)


年間のクレジットカード利用額が50万円以下なら、年会費無料のカードで十分でしょう。
年会費無料でも、還元率1.25%ほどの高還元なカードもあるので、還元率にこだわるならこのようなカードを使うのが良いです。
高還元で年会費がかかるカードもありますが、年間利用額が30万円ほどなら、その利用額で翌年の年会費は無料になります。


また10万円ほどしか年間クレジットカードを利用しないという方なら、年会費無料のカードならどれを選んでも良いです。
カードのデザインやブランド名で選んでも良いでしょう。
小額の利用なら、ほとんどポイントは付かないので、ポイント還元率は気にする必要はありません。

あとは、ポイントの貯めやすさや普段の使いやすさから考えてみよう。

ポイント 貯めやすさ

(Photo by 写真AC)


クレジットカードを選ぶなら、年間の利用額を考える必要もありますが、それ以外にポイントの貯めやすさや使いやすさで選ぶのも良いです。


クレジットカードを利用すればポイントが付与されますが、ポイントは100円や1,000円に1ポイント付与の場合や月の利用額に対して付与という形があります。
100円や1,000円に付き付与する方が、ポイントはこまめに貯めることが出来ます。
またポイントには有効期限もあるので気をつけましょう。
有効期限が1年と短いカードもあります。


クレジットカードによっては、特定の日に指定のお店でカードで買い物すると割引き、カード提示で対象の施設での利用料金が割引、ポイントをマイルに交換できる、などの便利なサービスを行っているカードもあります。
このようなクレジットカードの使いやすさで選ぶのも良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com