2016/04/15

使う

2283views

個性の光る洋服リメイク術でオシャレな節約生活!徹底ガイド

洋服リメイクって裁縫!?ムリムリ絶対ムリ!……そう思っていませんか?

リメイク 画像

モデルさんやタレントさんのファッションを見てみると、普通に洋服を着こなすのではなくオリジナルのアレンジをする人も多いです。
洋服をそのまま着こなすのではなく、アレンジを加えることで自分らしいオシャレを楽しむことができます。


しかし洋服のアレンジと言われると、洋裁などが必要で大変そう…このようなイメージを持っている人も多いかもしれません。
確かに細かなデザインなどをする場合には、高度なテクニックの裁縫が必要そうな感じがします。


ところが実際に洋服のアレンジをするにあたって、洋裁などの高度な技術が必要ないテクニックもいろいろとあります。
そこでここでは、簡単に洋服のリメイクのできる方法から、少し上級者向けのアレンジテクニックまでいろいろと紹介していきます。

難易度別に、初心者にオススメなリメイク術をご紹介します!

簡単にできる洋服のリメイクの中で、まず使わなくなった衣服を捨てるときにボタンやリボン、ワッペンのような装飾品を取り外しておく方法があります。
そしてこれらを他のアイテムに付けることでリメイクする方法です。


ボタンなど針仕事をしなければならず大変そうと思うかもしれません。
しかし針で縫うのが苦手というのであれば、ボンドで貼り付けてしまっても良いでしょう。
洋服の他にも、シンプルデザインのポーチやスリッパなどを買ってきてアレンジすれば、オリジナリティがより強まるはずです。


着ることのない洋服を端切れのように使えそうなところをカットして取っておくのもおすすめです。
この端切れを使って、いろいろなアレンジを考えてみましょう。


こちらも針仕事なしで簡単にできるアレンジ術もあります。
たとえば、コサージュを針なしで作ることも可能です。


どうやって制作するかですが、花の形に端切れを切り抜いていきます。
そしてボンドを使って貼り付けていけば、簡単にコサージュを作り上げることもできるわけです。


このように裁縫などができない・苦手な人でも簡単に洋服のリメイクはできます。
自分の出来る範囲で、アレンジにチャレンジしてみませんか?

難易度1 誰でも簡単!

リメイク術①カラフルハンガー

お気に入りのデザインの洋服だったけれどもこれ以上着られない…というのであれば、布を別の用途で使ってみると良いでしょう。
たとえば簡単にできるのが、ハンガーに布地を巻いてアレンジする方法です。


ワイヤーのハンガーの場合シンプルで味気ないと感じる人もいるでしょう。
衣服の布地を巻きつけるだけでもカラフルになって、きれいな印象に早変わりします。

リメイク術②シュシュ

余った布切れや服などを使って、シュシュを作る方法がネット上で紹介されていました。
まずいらない布があれば、筒状に縫っていきます。
布を縫い合わせたら裏側に返して、アイロンをかけるのですが縫い合わせたところが真ん中に来るようにすると良いです。


ゴムを通す穴を縫って、ゴムを入れて入口を縫い合わせたら簡単にシュシュができてしまいます。
ミシンを使って作業すれば、10分くらいで完成しますからチャレンジしてみませんか?

リメイク術③巾着

いらなくなったシャツなどがあれば、巾着などの小物アイテムに転用する方法もあります。
巾着の使い方も非常に簡単です。


いらなくなった洋服が出てきたら、まずは適当な大きさにカットします。
そしてそこにリボンを通せば簡単に出来上がってしまいます。
巾着は小物入れなど、意外と日常生活のいろいろな場面で必要とされます。


いざというときのために、いらない衣服が出てきたら巾着をいくつか作っておくのも面白そうです。

難易度2 作れたら嬉しい!

リメイク術④クッション

穴の開いたセーターや靴下があるけれども、デザインがお気に入りというのであれば、クッションを作ってみると良いでしょう。
クッションというと何かつくるのが大変そうと思うかもしれません。
しかし実際には簡単に作れて、穴の開いてしまったセーターの中にいらなくなった靴下をできるだけたくさん詰め込んでふくらませるだけです。


そして口を縫い合わせてしまえば、簡単に簡易型クッションが出来上がります。
ソファーやチェアなどのお供に利用できます。
少しアレンジを加えたいのであれば、衣服に付いていたワッペンやリボンを付け加えると良いでしょう。

リメイク術⑤バッグ

着られなくなった服をバッグにリメイクする方法は結構高い人気があります。
衣服の布を物を入れる所に利用して、バッグの持ち手は広幅のリボンなどを縫い付けると良いでしょう。
市販ではなかなか出てこない、独特のエッセンスを感じさせてくれます。

難易度3 達成感は感涙もの!

以下で紹介するのは若干難易度の高いテクニックかもしれません。

しかしその分出来上がった時には、達成感と充実感があるはずです。

リメイク術⑥カラフルマット

バスタオルがよれて使い物にならなくなってしまったという人はいませんか?
もしそうであれば、部屋のマットにリメイクしてみる方法があります。


バスタオルの他にももし着なくなった洋服などがあれば、まだ使える部分を端切れのように保管しておきましょう。
そしてちょうどパッチワークを作るようなイメージで、それぞれを縫い合わせていくだけです。
こうすることでモザイクアートのようなオリジナリティあふれるマットを制作できます。

コスト0で、こだわりの一品に蘇らせてみてください♪

洋服でおしゃれをするにはお金がかかる、このように思っている人もいるかもしれません。
しかし上で見たように自分がもともと使っていた、今では着なくなった古着などを使ってアレンジすることも十分可能です。
もともと持っているものをリメイクすれば、コストもゼロでお金を気にすることなくいろいろなファッションにチャレンジできるわけです。


しかも自分が持っていた衣服ですから、お気に入りのアイテムだったはずです。
「大好きな洋服だったのに着られなくなって、さびしい」という思いを抱いている人もいるでしょう。
しかしこのようなリメイクをすれば、また自分の好きだったアイテムを活用できるわけです。


このようなリメイクテクニックを駆使して、お金を節約しながら楽しいファッションライフを送ってみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com