2015/09/28

貯める

2470views

今スグ治療せよ!貯金がない貧乏人の3大浪費病を知る

来月から貯金しよう♪……毎月、そう思っていませんか?

貯金箱

金してもっと余裕を持ちたい!と考えている方は少なくない事でしょう。

貯金を考えていても出来ない人の中には、今からではなく、来月からする!というように、貯金する事そのものを引き延ばしてしまう症状がみられます。


このなかなか貯金出来ない症状は、いわば悪い習慣と言っても過言ではありません。

貯金は言わば自分で決めるルールなので、例えルールに反して貯金をしなくても誰かに怒られたり注意される事ではありません。


ですが、それがお金を溜められない病と言えるものです。

貯金をしてお金をコツコツ貯められる人は、少なからず我慢をしていますし、誘惑に負けない気持ちを持っている事は間違いありません。


悪い習慣や気持ちを改めて行く事で、十分に貯金をコツコツしていく体質へと変化させる事は可能です!

貯金は困った時に自分を助けてくれる財産とも言える存在なので、将来の自分のためにも貯金を出来る体質へと意識を改善していきましょう。

【ケース1】あ~イライラする!今日は散財だ!

お金

診断:ストレス性浪費病

もう我慢出来ない!今日は思い切って散財してしまおう!


そんな事を考えてしまう事はありませんか?


普段、お金を使う事をひたすらに我慢し続け、我慢に我慢を重ねて休日に思い切って遊んでお金を使い過ぎてしまう。

そういう経験がある方は少なくない事でしょう。


それは言わばストレス性浪費病とも言える症状です。

これはダイエットに例えるならば「リバウンド」と同じ事です。

痩せる事を目的として絶食をしたり、大好きなスイーツなどの食べ物から離れていると、ダイエットの結果が出た後に強い欲望に負けて食べすぎてしまいますよね。

これは日頃我慢して、機会がある時に散財してしまうのも同じ事です。


この習慣は改善しなければ、お金が一向に貯まってくれる事は残念ながらありません

治療法:こまごまガス抜き法

まるでリバウンドの様なストレス性浪費病を解消するのにおすすめの対策は、「こまごまガス抜き法」です。

これはつまりどういう事かと言うと、一気にストレスを発散するかの様に散財してしまう事を防ぐために、こまごまとお金を使い、ストレスを溜めない様にする事です!


これもまたダイエットに例えられる事です。

目標の体重を達成するまでひたすらに食事やスイーツを我慢すると、いざ結果が出たとしても今までの抑えこんできたストレスが爆発してしまいます


なので、その最終的なストレスの爆発を起こさない様にするために、週に1回程度で良いので、ちょっとだけ贅沢な食べ物を食べてしまうのです。

そうすれば例え半年間のダイエット計画だったとしても、週に1回の楽しみがあればさほどストレスは溜まりません


これはストレスで散財してしまう人にも同じく言える事です!

ひたすらに好きな事をするのを我慢をしていては、それは誰だっていつか我慢の糸が切れて爆発してしまいます

それであれば、日頃から少しでも楽しみを作って、お金を少しでも使っていくのであれば、一気に散財してしまう事は無いはずです。


つまり何が言いたいのかという事ですが、適度にガス抜きをしてストレスを溜め込まない様にするという事です。

そうすれば散財してお金が無くなってしまう悲惨な結果にはなりません。

【ケース2】必要ない気もするけど……でも、今欲しいんだもん!

ショッピング

診断:衝動性浪費病

街中を歩いていたり、雑誌を見ていたりすると、誰だって欲しい物を発見してしまう事があります。


そこで貯金出来ない人が取ってしまう行動としては、本当に必要かどうかも分からないのに買ってしまう事です!


心のどこかでは、実は必要ないんじゃないか?とは思っていても、今欲しいという衝動を抑えきれずに欲しいものは買ってしまうのです。

これは衝動性浪費病とも言える貯金出来ない人にありがちな症状です。


新しいブランドのバッグが出たんだ!3ヶ月前に買ったばかりだけど、

 あれも欲しい・・・

今ある腕時計で十分だけど、あれの方がカッコいいかもしれない・・・


など、本当はさほど買う必要が無いと分かっていても、自分が欲しいと思ったら買う事しか考えが無くなってしまうというのは、危ない症状です


お金を貯められる人間になるのには、この症状を治療していくのが大切です!

治療法:1年後の自分想像法

本当はいらないかもしれないけど買う!

あった方が便利だと思うから買ってしまおう!

というような、衝動性浪費病をお抱えの方はまず、今買いたいという考えを一旦置いて、考えてみて下さい。


欲しい!買いたい!と思った商品は、

1年後のあなたなら欲しがるでしょうか?

1年後のあなたに必要があるものでしょうか?


さらに言うなら、

1年後のあなた自身の為になる物でしょうか?


このように考えたらどのように感じるでしょうか。


例えば、好きなブランドの新しいバッグがあったとしても、今思うように新しいバッグを毎回欲しがって買ってしまっていては大変です。

頻繁に使うわけでもないバッグがクローゼットの中に詰め込まれていたり、結局新しいバッグを買ってもまた新しいのが発売されたら目移りしてしまうはずです。


ブランドのバッグを例えにするならもはや1年ではなく、半年程度先の自分でも言える事です。

つまりこのように、「1年後の自分想像法」を使って、買った自分と買わなかった自分の1年後を想像してみるのが良いのです。


買わなかった時の1年後の自分が、今欲しいと思っている物を使っていない、持っていないという想像ができたら、もうその商品は自分にとって必要の無いものとほぼ断言して良いでしょう。


必要ないかもしれないけど欲しい、という様な商品に出会った時、まずは1年後の自分を想像して、しっかりと考えてみて下さい。

【ケース3】あれとそれと……う~ん、これもとりあえず全部買っとくか!

ショッピング

診断:認識不足性浪費病

それも欲しい。これも欲しい。それだとこれも欲しいけどどうしよう。


じゃあ全部買ってしまおう!


そんな事を考えた事はないでしょうか。

これは認識不足性浪費病とも言える完全に貯金出来ない人の例の一つです。


買い物をする前にまず考えて欲しいのがコストです。

本当に欲しいもの、買わなければいけないものなのか分からない物に、ちょっと高めのお金を払って買い物をするのは本当に自分の為になっているでしょうか


コストの事をあまり深く考えずに買い物をしてしまう人は、物の値段という事を軽視し過ぎてしまっている可能性が非常に高いです。

ちょっと高くてもついつい買ってしまうというのは、買い物ではなくもはや浪費とも言える場合もあります。

後になって、お金が無いと思っていてもその原因に気づけないタイプとも言えます。


この症状は改善しなければお金が全く貯まらなくなってしまいます。

治療法:好きなもの置き換え法

何でもかんでも欲しいと思った物を買ってしまう認識不足性浪費病は、

好きなもの置き換え法」を使って改善するのがおすすめです!


本当に必要ですか?それより良い買い物になる物は無いですか?

一度、買ってしまう前に真剣に考えてみて下さい


例えば、好きなアーティストのライブに行くのが趣味な人を例にしましょう。

1回のライブに行くのに5000円のチケット代金がかかるとして、

本当に必要かどうか分からないものを2万円で買うか迷っているとします。

この2万円の買い物をきっぱり諦めたらどうなるでしょうか。

買い物を諦めるだけで好きなライブに4回も行けるお金が残っていてくれるのです!


自分の好きな物に置き換えるのであれば何でも問題ありません。

ここに一般的な価値観を持ち込まないのがポイントです。


ケーキが好きなら何回好きなケーキを食べられる価値があるのか、DVDを見るのが趣味なら、何十枚レンタルして見る事が出来るのか、一度置き換えて考えてみて下さい。


その時だけ見栄を張って思い切った買い物をしたり、周囲の声に流されて大きな買い物をしてしまったりする事は、後にストレスという形でしか残らない事が多いのです。


せっかくお金を使うのであれば本当に自分が楽しめる事、自身の為になる事に置き換えて考えてみて下さい。

さっそく治療法を試して、今日から貯金体質へ!

嬉しい

貯金がしたいと本気で思っていてもなかなか出来ない人は多いです。

まだまだ悪い習慣が身体から抜けないという人もいれば、目標をたてる計画が上手ではない人もいます。


貯金が上手では無い人は、高い目標を立て過ぎてしまって、無謀な目標に容易くやられてしまう人が多いです。

初めから高いハードルを用意して上手に出来る人の方が凄いです。

貯金が苦手であれば、苦手を受け入れて節約術を挑戦してみて下さい


なんら難しい事はありません。

適度にお金を使ってストレスを発散し、一気に散財する事を防ぐ「こまごまガス抜き法」。

本当に自分にとって必要な物か、自分の為になるのか考えてから、商品を購入するか決める「1年後の自分想像法」。

買おうと考えているものを、自分の好きな事や物に置き換えると、それはどのくらいの価値なのか算出する「好きなもの置き換え法」。

たったこの三つです。

これをするだけでも節約をして貯金を出来る体質になる事、そしてお金を貯められない悪い習慣が抜けていきます!


ストレス性浪費病、衝動性浪費病、認識不足性浪費病といった、三大悪習慣とも言える病を改善して、貯金出来る自分へと変えていって下さい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com