はじめての、と言えばアコム。

テレビCM等でも話題のアコム、はじめての、と言えばアコムと言う程、今では利用者も増えてきました。

アコムは初めての人でも安心して借入出来るようにと、様々な特典を用意しています。

借りたい側の立場に立って、使える便利な機能も豊富にあり、まさに、「はじめての、アコム」なのです。

そして、3つのメリットと、10項目から検証したアコムの強みと弱みがあるからです。

 

そこで、10項目から、アコムの利便性は本当に良いのか、検証してみたいと思います。

 

 

アコムカードローン(アコム)
アコム
金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要
パート・アルバイト 融資可能
無利息期間 30日間

50万円以下の借入なら、収入証明書は不要!

 

 

目次

アコム3つのメリットとは?

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜金利編

1.金利と無利息期間

2.限度額

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜申込編

3.申し込み方法

4.ネット申込時の入力項目

5.申込のための必要書類

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜審査編

6.審査と信用情報機関

7.申込から融資までの時間

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜借入と返済編

8.借入方法と返済方法

9.ATMを利用した借入と返済

10.返済方式と返済シミュレーション

アコムは、どんな人に向いている?

アコム3つのメリットとは?

アコムには、3つのメリットがあります。

1.初回借入限定!30日間は無利息でお金が借りられる!

アコムの魅力は何と言っても30日間無利息サービスが付いているということ。

この期間にお金を借りて、そして返済すれば、利息が付かずに、そのまま元金だけ返済すればいいのですから、返済も楽になります。

以前は、期間限定での無利息サービスだったのですが、初回契約者に限り、契約日の翌日から、30日間金利がかからない為、契約者にとって最大の特典と言えます。

例えば、少額での借り入れで、翌月に一括返済を考えていると言う方は、このサービスを利用することで、お得に借入をすることが出来ます。

2.14時までの申込で、即日融資にも対応!

お金を借りたいと思っている人の多くは、すぐにお金が必要な人です。

その為、即日融資が絶対的条件となります。

アコムでは、14時までの申し込みで、即日融資が可能です。

審査時間は、最短で30ととてもスピーディで、審査に通ってからは、振込まで最短1分で振り込んでくれると言うびっくりするほど早い融資です。

ネットでの申し込みでも、即日融資が可能なので、平日仕事等で多忙で出かけられない、しかしどうしてもその日のうちに借りたいと言う人にとっては、まさに理想的な借入先です。

3.審査に通れば、クレジットカードも同時に発行可能です。

アコムの魅力は、審査に通ることで、キャッシングだけでなく、クレジットカードも同時発行出来ると言う点が魅力です。

アコムACマスターカードで、キャッシング枠とクレジット枠を同時に使用することが出来るのです。

通常のクレジットカードは、ショッピング枠の方が割合が多いのですが、アコムの場合は、4:6で、キャッシング枠を多めに設定してあります。

勿論、これは、消費者金融であるアコムだからこその特徴であり、キャッシングを利用しながら、ショッピングも出来ると言うことで、人気があるのです。

 

アコムのメリットは他にもありますので、詳しくはアコムなら30日間は利息無料?!】クレジットカードも即日発行!アコムの4つのメリットをまとめてみました。を御覧ください!

 

アコムのメリットについて紹介しましたが、他の金融機関と比較すると、一体どんなことが分かるのでしょうか?

次の項目で、その点について検証していきたいと思います。

 

 

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜金利編

 

1.金利と無利息期間

金利

お金を借りる上で、気になるのは、金利ですね

アコムと同じ消費者金融系と、その他銀行系で、比べてみましょう。

 

系統 業者名 金利 遅延損害金





アコム 3.0〜18.0% 20.0%
アイフル 4.5〜18.0% 20.0%
プロミス 4.5〜17.8%

20.0%(実質年率)

SMBCモビット 3.0〜18.0% 20.0%


三井住友銀行カードローン 4.0〜14.5% 19.94%
みずほ銀行カードローン 4.0〜14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
4.6〜14.6% 14.6%
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン(プレミアムコース)
1.99〜7.99% 20.0%

 

アコムの金利は、3.0%~18.0%と、他社消費者金融と比べて、平均的な金利となっています。

しかし、銀行系であれば、上限金利が14.0%の会社もあるので、そう考えると、若干落ちてしまいます。

 

例えば、上限金利が15.0%の会社であれば、3.0%の違いがあり、このたった3.0%と思ってしまうのですが、50万円を3年で返済する場合、返済総額は、2万6,000円以上の差が出てしまいます。

この差はかなり大きなものなので、金利だけで選ぶのであれば、他社が良いかもしれません。

 

とは言っても、アコムには利用者にとって便利なサービスがありますので、トータル的に考えてみると良いでしょう。

契約限度額 適用金利(年利)
1万円〜100万円以下 7.70%~18.00%
100万円超〜300万円以下 7.70%~15.00%
300万円超〜500万円以下 4.70%~7.70%
500万円超〜800万円以下 3.00%~4.70%

アコムでの利用では、毎月しっかりと返すことが出来るように、返済がきつくならないように、借入金額を設定してください。

まめにATM返済をすると、完済も早くなり、その分、金利も安くなります。

又、毎月の返済で困っている、金利を下げたいと言う場合は、アコムに電話連絡をすることで、審査の結果、今の金利を下げてもらえる可能性は高いので、是非利用してみてください。

 

無利息期間

 

会社名 無利息期間 金利 借入可能額
アコム 30日間 3.0〜18.0% 1〜800万円
プロミス

30日間

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

4.5〜17.8% 1〜500万円
新生銀行(レイク) 30日間 4.5〜18.0% 1〜500万円
180日間 12.0〜18.0% 1〜200万円
ノーローン 1週間 4.9〜18.0% 1〜300万円

 

アコムでは、30日間金利0円サービスがあり、このサービスを利用することで、他社消費者金融よりも、金利を低く借りることが出来るのです。

 

このサービスは、アコムの利用が初めてで、契約日の翌日から30日間金利がかからないと言うサービスです。

 

この30日間無利息期間は、プロミスでも行っていますが、プロミスとの違いは、出金日の翌日から無利息になるのに対し、アコムは契約日の次の日から30日間金利が0円になると言う点です。

 

アコムでこのサービスを利用する場合は、契約してすぐに借りることが前提ですね。

2.限度額

 

系統 業者名 限度額 金利





アコム 1〜800万円 3.0〜18.0%
アイフル 1,000円〜500万円 4.5〜18.0%
プロミス 1〜500万円 4.5〜17.8%
SMBCモビット 1〜800万円 3.0〜18.0%


三井住友銀行カードローン 10〜800万円 4.0〜14.5%
みずほ銀行カードローン 10〜1,000万円 4.0〜14.0%
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン(プレミアムコース)
10〜1,000万円 1.99〜7.99%
三菱東京UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
10〜500万円 4.6〜14.6%

 

アコムの限度額は、1~800万円と言うことで、消費者金融の中では、最高レベルです。

個人として借りる分には十分の金額であり、少額からある程度まとまったお金が必要な人まで幅広く対応出来ます。

 

しかし、アコム等の消費者金融は、基本的に総量規制の対象となるので、年収の1/3以上を借りることが出来ないと言うことを頭に入れておいてください。

 

総量規制とは、年収の1/3以上のお金を借りることが出来ないことが、法律で決まっています。

 

 

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜申込編

 

3.申し込み方法

 

系統 業者名 インターネット 自動契約機 店頭 電話

郵送
その他





アコム  
アイフル 電話のみ  
プロミス 三井住友銀行ローン契約機
SMBCモビット ×  


みずほ銀行
カードローン
×  
三井住友銀行
カードローン
 
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
×  
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
× × ×  

 

アコムでは、5つの申し込み方法を用意しています。

申込方法

 

  • 店頭窓口
  • 無人契約機
  • 電話
  • インターネット(パソコン・携帯・スマホ)
  • 郵送

店舗に出向くのが面倒くさい、平日は仕事で行けないと言う人の為に、便利なネット申し込みがオススメです。

自宅に居ながらにして、手軽に申込みができ、24時間いつでもOKなので、多忙な人でも可能です。

又、即日融資を希望するのであれば、店頭の他に、無人契約機にて申込みをすることで、事前に必要書類を準備し、金融機関の営業時間内であれば、その日のうちに、希望額を借りることが出来ます。

4.ネット申込時の入力項目

 

アコムでは、ネットのお申込みフォームを利用して、申し込むことが出来ます。

 

・お客様情報(氏名・フリガナ・旧姓有無・生年月日・性別・独身既婚・メールアドレス)

・ご自宅情報(郵便番号・自宅住所・電話番号・住居種類・入居年月・家賃住宅ローン・家族人数)

・お勤め先情報(会社名・フリガナ・所属部署・勤務先住所・勤務先電話番号・社員数・事業内容・入社年月・勤務形態・職種・収入形態・収入・収支などについて・給料日・保険証種類・保険証区分・休日)

・その他(他社借入件数と総額・希望契約額・審査結果の連絡先・振込口座)

5.申込のための必要書類

 

系統 業者名 利用可能な
本人確認書類
収入証明書
必要額





アコム 運転免許証
健康保険証
パスポート

上記書類と現住所が異なる場合、以下のものが必要。
国税・地方税、社会保険料、公共料金の領収書や請求書、納税証明書
50万円
借入希望額と他社借入残高の合計が100万円超
アイフル 運転免許証
運転経歴証明書
各種保険証
住民台帳基本カード
パスポート
在留カード
特別永住者証明書

上記書類と現住所が異なる場合、以下のものが必要。
公共料金の領収書や請求書、納税証明書
住民票の移し、住民票記載事項証明書
印鑑証明書
50万円
借入希望額と他社借入残高の合計が100万円超
その他提出を求められた場合
プロミス 運転免許証
健康保険証
パスポート

上記書類と現住所が異なる場合、以下のものが必要。
国税・地方税、社会保険料、公共料金の領収書や請求書、納税証明書
住民票の移し、住民票記載事項証明書
50万円
借入希望額と他社借入残高の合計が100万円超
SMBCモビット 運転免許証
各種健康保険証
パスポート
-


みずほ銀行
カードローン
運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
各種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
200万円
三井住友銀行
カードローン
運転免許証
健康保険証
パスポート
住民基本台帳カード(顔写真付き)など
300万円
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
運転免許証
各種健康保険証
パスポート
(学生の場合は+学生証)
100万円
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
1.
公共料金の領収書・請求書(原本)+下記いずれかの証明書
運転免許証
各種健康保険証
住民基本台帳カード(写真付き)
在留カード
特別永住者証明書


2.
住民票の移し
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
(全て原本)
300万円

 

アコムの申し込みで必要な書類は、以下のものになります。

 

本人確認書類[運転免許証・健康保険証・パスポート]

収入証明書[源泉徴収票・1ヶ月分の給与明細書(地方税の額が書いてないものは2ヶ月分の給与明細と一年分の賞与明細)・地方税の税額決定通知書・課税証明書(所得証明書)]

 

本人確認書類では、現住所と同じ住所が記載された書類を提出してください。

もしも違う場合は、現住所が分かる書類を用意して、提出してください。

 

個人事業主の場合は、収受日付印のある確定申告書B第1表・2表と所得税青色申告決算書(白色申告の場合は収支内訳書)・アコム指定の事業計画等の届出書を提出してください。

 

 

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜審査編

6.審査と信用情報機関

申込条件

 

申し込み条件は、20~69歳までの安定した収入のある、返済能力のある方が限定です。

低収入であったり、収入が安定していても、返済能力が無い場合は、借入が出来ないので、他社に比べると幾分審査が厳しい傾向があります。

多重債務者や他社から借入未返済がある場合は、きちんと返済してからの借入が、審査に通るコツと言えます。

個人信用情報機関

 

系統 業者名 保証会社 JICC CIC KSC





アコム アコム -
アイフル アイフル -
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス -
SMBCモビット 株式会社SMBCモビット -


みずほ銀行
カードローン
オリエントコーポレーション -
三井住友銀行
カードローン
SMBCコンシューマーファイナンス -
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
アコム -
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
SMBCコンシューマーファイナンス -

 

アコムは、株式会社シー・アイ・シーと、株式会社日本信用情報機構に加入しています。

アコムの審査は、自社の与信システムと信用情報機構の両方にて行うのですが、新規の申し込み者には、他社利用の旨を入力する項目があります。

しかし、自己申告だけの情報だけでは、審査の対象にはならず、外部の信用情報と照らし合わせながら、徹底した審査を行っているのです。

その為、審査は厳しいと言われますが、きちんとした借入をする上では、大事な行為であり、晴れて審査に通り、借入を出来る際には、多くのメリットがありますので、一度審査を受けてみると良いでしょう。

審査完了までの時間

 

アコムでは、ネットの入力フォームに入力するだけで、最短30分で審査結果がメールで届きます。

必要書類をファックスやネット上でのアップロード、アプリによって、1時間程度で審査・契約が可能です。

 

7.申込から融資までの時間

 

系統 業者名 審査時間 契約可能時間 即日融資 即日振込可能時間





アコム 最短30分 9時〜21時 原則平日14時まで
アイフル 最短30分 9時〜21時 原則平日14時まで
プロミス 最短30〜40分 9時〜21時

原則平日14時まで※契約完了が必要

SMBCモビット 最短30分 9時〜21時 平日14時50分まで


みずほ銀行
カードローン
原則即日(要口座)。
申込が午後の場合は、翌営業日となる場合も。
9時〜17時 -
三井住友銀行
カードローン
最短30分 9時〜21時 -
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
最短30〜40分 9時〜20時(平日)
10時〜18時(土祝)
10時〜17時(日)
-
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
数日間 9時〜19時(平日)
9時〜17時(土日祝日)
× -

※申込の曜日・時間帯によっては、翌日以降の審査回答・融資となる場合もあります。

 

申し込みから融資までは、以下のような流れになります。

1.振込み融資可能な時間帯をチェック

2.ネット契約

3.審査結果と書類提出

4.契約手続きと振込融資

 

アコムでは、14時までに必要書類を提出することによって、当日振込みが可能です。

必要書類はファックスでも送信することが出来るので、ネットで申し込みをして、ファックスやHPにアップロードで14時までに送ることで、その日の融資が可能となります。

 

 

全10項目から検証!アコムの強みと弱み〜借入と返済編

 

 

8.借入方法と返済方法

借入方法

 

系統 業者名 利用可能
金融機関
申込方法 手数料 即日





アコム 楽天銀行
各種銀行・信用金庫
ゆうちょ銀行
インターネット
電話
無料
アイフル 各種銀行・信用金庫
ゆうちょ銀行
インターネット
電話
無料
プロミス 三井住友銀行
ジャパンネット銀行など
インターネット
電話
無料
SMBCモビット 各種銀行・信用金庫
ゆうちょ銀行
インターネット
電話
無料


みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行
(みずほダイレクト限定)
インターネット
電話
無料
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行
(SMBCダイレクト限定)
インターネット
電話
無料
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
三菱東京UFJ銀行 インターネット
電話
無料
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
住信SBIネット銀行 インターネット 無料

 

アコムは、多彩な借り入れ方法があるので、自分に合った方法を選ぶことが出来ます。

又、急ぎで融資を受けたい人は、スピードキャッシングも可能です。

 

・アコム店頭窓口での借入

・アコムのむじんくんで借入

・アコムの提携ATM・CDで借入

・アコムをコンビニで借入

・アコム金融機関から口座振込

・アコム電話・インターネットでの借入

返済方法

 

系統 業者名 対応金融機関 手数料 引落日





アコム 各種銀行・信用金庫
ゆうちょ銀行
無料 毎月6日
アイフル 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
ゆうちょ銀行
など
無料 毎月27日
(みずほ銀行
のみ3日)
プロミス 三井住友銀行
ジャパンネット銀行など
無料 5/15/25/末日
SMBCモビット 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
無料 5/15/25/末日


みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行 無料 毎月10日
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行 無料 5/15/25/末日
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
三菱東京UFJ銀行 無料 希望指定日
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
住信SBIネット銀行 無料 毎月5日

 

アコムの返済方法は、以下です。

・アコム店頭窓口・ATMでの返済

・アコムへコンビニ返済

・アコム口座振替・口座振込での返済

 

返済で困った際には、アコムフリーダイヤルにて、様々な返済をサポートしてくれます。

「今月は急な出費があって、期日までに返済出来ない」と言った相談等、アドバイスをしてくれるので、気軽に相談してみてください。(フリーダイヤル0120-07-1000

9.ATMを利用した借入と返済

 

系統 業者名 利用可能な主要ATM 手数料





アコム 三菱東京UFJ銀行ATM
三井住友銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
イオン銀行ATM
1万円以下:108円/回
1万円超:216円/回
アイフル 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
イオン銀行ATM
1万円以下:108円/回
1万円超:216円/回
プロミス 三井住友銀行ATM
セブン銀行
ローソンATM
E-net
1万円以下:108円/回
1万円超:216円/回
SMBCモビット 三菱東京UFJ銀行ATM
三井住友銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
@BANK
イオン銀行
1万円以下:108円/回
1万円超:216円/回


みずほ銀行
カードローン
みずほ銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
@BANK
E-net
ゆうちょ銀行ATMなど
無料
三菱東京UFJ銀行
カードローン
(バンクイック)
三菱東京UFJ銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
(プレミアムコース)
イオン銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料

 

アコムが使えるATMは、下記の通りです。

・三菱東京UFJ銀行

・セブン銀行

 

その他、全国の提携先金融機関のCD・ATMで借入可能となっています。

毎週月曜日午前1:00~5:00の間は定期点検のため、提携先のCD・ATMでは、利用出来ません。

 

10.返済方式と返済シミュレーション

返済方式

 ※定率リボルビング方式 実質年率18.0%の場合

お借入金額 ご返済期間 ご返済回数 各回ご返済額 ご返済総額
10万円 1年以内 10回 11,000円 109,710円
2年以内 20回 6,000円 118,930円
3年以内 25回 5,000円 123,709円
4年以内 33回 4,000円 131,987円
5年以内 51回 3,000円 150,105円
20万円 1年以内 10回 22,000円 219,425円
2年以内 20回 12,000円 237,869円
3年以内 29回 9,000円 254,432円
4年以内 40回 7,000円 277,945円
5年以内 51回 6,000円 300,256円
30万円 1年以内 10回 33,000円 329,141円
2年以内 20回 18,000円 356,809円
3年以内 30回 13,000円 385,927円
4年以内 38回 11,000円 408,970円
5年以内 51回 9,000円 450,401円
40万円 1年以内 10回 44,000円 438,856円
2年以内 20回 24,000円 475,748円
3年以内 31回 17,000円 517,659円
4年以内 40回 14,000円 555,929円
5年以内 51回 12,000円 600,544円
50万円 1年以内 10回 55,000円 548,569円
2年以内 20回 30,000円 594,690円
3年以内 31回 21,000円 649,464円
4年以内 39回 18,000円 686,705円
5年以内 51回 15,000円 750,686円

 

アコムの返済方式は、定率リボルビング返済方式で、月の返済を一定金額に設定できる方法です。

契約限度額が30万円超の場合、借入金残高の3.0%(定率)が最低返済額(1,000円未満切り上げ)となります。

30万円以下の場合、借入金額の4.2%以上が最低返済額です。

 

返済シミュレーション

 

アコムでの利息の計算は、

利息=借入残高×借入利率÷365日(うるう年は366日)×利用日数

で、計算されます。

 

例えば1万円を30日間借りた場合、実質年率は、18.0%とすれば、

1万円×0.18÷365日×30日=147円が利息となります。

 

又、10万円を30日間借りた場合、実質年率は、18.0%とすれば、

10万円×0.18÷365日×30日=1,479円が利息となります。

 

 

アコムはどんな人に向いている?

 

 

このように、項目の検証をしてきましたが、結局、どんな方がこのローンに向いているのでしょうか?

 

即日融資を望んでいる

とにかくお金を借りたい、必要額を当日に借りたいと言うのであれば、即日融資なのですが、アコムでは、午後2時までに必要書類を提出すれば、当日の融資を受けることが出来ます。

大体の場合、融資を受けたいと言う人のほとんどは、今すぐにでもお金が必要と言う人が多いのですが、書類の提出等の問題から当日借りることが出来ない場合も多いのです。

アコムならば、HPに必要書類の画像のアップロードや、ファックスでの送信によって、振込希望にすれば、指定の口座に振り込んでもらえます。

 

アルバイト・パートでも借りたい

通常、安定した収入の人と言うのが金融会社での借り入れ条件なので、正社員でなければ、借りることが出来ないのです。

しかし、アコムでは、アルバイトやパートでの収入も、安定していれば、収入条件と満たされるので、審査の対象になります。

これならば、主婦や学生でもお金を借りることが出来ますね。

 

少額での借り入れをしたい

アコムでの借り入れは、返済が、総量規制の対象となるので、多額を借りることが出来ません。

総量規制では、年収の1/3以上を借りることが出来ないので、それ以下での借り入れ希望、少額での借り入れをしたいと言う人に向いています。

 

アコムは、短期間で少額の融資を受けたい、アルバイトやパートといった非正規雇用者でも利用できる、利用者の立場に立った消費者金融系カードローンと言えますね。

 

アコムカードローン(アコム)
金利 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要
パート・アルバイト 融資可能
無利息期間 30日間

50万円以下の借入なら、収入証明書は不要!

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com