2017/09/24

使う

4012views

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

固定の光回線とWifiルーターを徹底比較!

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

自分に合った環境でインターネットを楽しもう

インターネットを楽しむためにはネットに繋ぐ必要がありますよね。

そしてその方法には固定の光回線Wifiルーター、2つの種類が存在します。

 

最近ではPocket wifi(ポケットワイファイ)と呼ばれる小型のルーターも浸透してきており、どちらの回線にするか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、固定の光回線とWifiルーターの2つを、徹底的に比較検証していきたいと思います。

 

光回線のメリット・デメリットとは

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

光回線のメリット

光回線の何よりのメリットが、その安定した通信強度です。

その名の通り「光」のように高速通信も可能なため、快適な環境でインターネットを楽しむことができます。

 

また自宅の中であれば誰でもが利用可能なため、1回線の契約で何人もが利用することもできるのです。

 

光回線のデメリット

1番のデメリット工事を必要とすることです。

これは筆者も経験済みなのですが、業者の空いている時間と自分の都合が合わず、契約してから工事してもらえるまで、およそ1か月もの時間を要してしまいました

またそれに伴い工事に同伴せねばならない拘束時間もできますし、もちろん工事費も発生してしまいます。

しかも引っ越した場合は、引っ越し先で再度工事を申し込む必要があるのです。

 

他にも家の中でのみ使えることになりますので、自宅から離れてしまうともうその回線でインターネットをすることはできません

 

Wifiルーターのメリット・デメリットとは

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

Wifiルーターのメリット

Wifiルーターのメリットといえば、いつでもどこでもインターネットが楽しめるという点です。

持ち運ぶことが可能なため、外出先でも利用することができます。

 

また特別な工事などは必要ないため、手軽に使い始められるのも嬉しいメリットでしょう。

つなぎ方としては、手元に届いたWifiルーターの電源を入れるだけで使用を開始することが可能です。

接続方法が簡単なので、誰でも難なく使いこなすことができます。

 

Wifiルーターのデメリット

Wifiルーターのデメリットは、通信強度がないという点です。

例えば地下であったり鉄筋コンクリートの建物の中に入ると、極端に速度が遅くなり、下手すれば使えなくなってしまうこともあります。

 

また利用無制限ではないという点も大きなデメリットでしょう。

多くのWifiルーターでは通信制限が設けられているため、しばしばその通信許容範囲に悩まされることになります。

他にもそのWifiが届く範囲は限られているため、同時に複数人で使うといった目的にも向いていません。

 

固定の光回線とWifiルーターのメリット・デメリットまとめ

光回線とWifiルーターのメリット・デメリットを、一覧表でまとめたものが以下になります。

 

種類

メリット

デメリット

光回線

通信速度が速い

通信が安定している

複数人で使うのに向いている

工事が必要

家を出るともう使えない

引っ越すと再工事する必要がある

Wifiiルーター

簡単に使い始めることができる

持ち歩くことができる

外出先でも使用できる

通信が安定しない

複数人で使うことに向いていない

通信制限が設けられている

 

それぞれに特筆すべきメリット・デメリットが存在することがわかりますね。

自分に合うのはどちらなのかを決める、最大のヒントとなりそうです。

 

光回線とWifiルーター、比較すると何が違う?

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

2つの違いを徹底検証!

上記ではメリット・デメリットで比較しましたが、ここでは他にも様々な観点から検証比較してみましょう。

 

固定の光回線

     

Wifiルーター

最速2Gbps

速度

×

最速225Mbps

エリアカバー率90%以上

提供エリア

×

人口カバー率90%代

通信が遮断されることはほとんどない

通信安定度

×

移動中や地下、建物内で遮断の可能性あり

契約料:800円

初期工事費用:4,000円

(NTTの場合)

×

初期費用

事務手数料:3,000円

(WiMAXの場合)

 

まず気になるのがその速度です。

これについては、圧倒的に固定の光回線に軍配が上がります。

そして提供エリアですが、Wifiはまだまだ利用できない地域が存在するため、固定の光回線には及びません。

通信安定度も、固定の光回線の方が安定して利用することができるでしょう。

 

こうして見るとWifiルーターが劣るように感じますが、ここでの比較対象の中で注目なのが初期費用です。

固定の光回線では契約料以外にも工事費がかかるため、Wifiルーターよりも高額になることが多いのです。

「いつでもどこでも使いたい」人だけでなく、「安くインターネットを始めたい」そんな人にもWifiルーターはおすすめです。

 

業者別での具体的な比較案は?

上記の初期費用でNTTとWiMAXを比較したように、もう少し具体的な業者ごとに比較を行ってみましょう。

ここで比較する項目は「早速速度・容量・価格」です。

 

【固定の光回線の場合】

 

最大速度

容量

価格

フレッツ光

1Gbps

無制限

10,000円

auひかり

1Gbps

無制限

5,100円

価格に差があるものの、最大速度や容量にその差はありません。

 

【Wifiルーターの場合】

 

最大速度

容量

価格比較

WiMAX

440Mbps

3日で10GB

3,411円~

Y!mobile

187.5Mbps

3日で3GB

4,729円

ご覧のように、Wifiルーターでは全ての点で大きく異なります

Wifiルーターに参入している業者の数は非常に多いため、その分業者選びで苦労することになるでしょう。

 

また比較検討する際は、料金だけでなく通信制限量にも注意することをおすすめします。

制限が小さい契約を結んでしまうと、Wifiの最大のメリットでもある「いつでもどこでも」が失われかねません。

 

金額重視!安く契約できる業者ランキング

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

固定の光回線の場合

「何よりも重視するのは金額!」そんな方に、月額利用料金の安い業者をランキング形式でご紹介していきましょう。

また固定の光回線は、マンションと戸建てで月額利用料金が異なります

それぞれのランキングもご紹介しますので、ご自宅の形態別でご確認ください。

 

【固定の光回線・マンションの場合】

順位

業者名

月額料金

1位

auひかり

3,800円

2位

So-net光

3,800円

3位

NURO光forマンション

2,500円

 

【固定の光回線・戸建ての場合】

順位

業者名

月額料金

1位

auひかり

5,100円

2位

So-net光

3,500円

3位

NURO光

4,743円

 

固定の光回線でのランキングを見てみると、同じ業者が同じ順位で並ぶ結果になりました。

またauひかりでは、auキャリアの携帯を持つことで、携帯料金が値引きされることもありますので、auユーザーは要チェックです。

 

Wifiルーターの場合

お次はWifiルーターでの安い業者ランキングを見てみましょう。

 

【Wifiルーターの場合】

順位

回線名

業者名

月額料金

1位

BroadWiMAX

WiMAX

3,411円

2位

BroadLTE

ソフトバンク

3,541円

3位

スマモバ

ドコモLTE

3,980円

 

正確に言いますと、上位3位全てがWiMAXになります。

WiMAXには「GMO WiMAX」「So-net WiMAX」といったプラン別のWiFiルーターがあり、その2つ共が2位のソフトバンクより安いのです。

つまりWifiルーターを安く契約したいのであれば「WiMAX一択」ということになりますね。

 

信頼度重視!フレッツ光WiFi

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

参照元:東日本電信電話株式会社

長い期間使うなら信頼できる業者選びを!

固定の光回線の中でもダントツの人気を誇るのがフレッツ光です。

その知名度は高く、多くの方がご存知の業者でしょう。

ここからはこのおすすめ業者「フレッツ光」の詳しい情報をご紹介していきたいと思います。

 

料金形態はどうなっている?

フレッツ光で契約する場合にはいくらかかるのか、これを「月額料」「初期費用」の2項目でご紹介していきます。

 

ただその前に注意事項です。

フレッツ光でも戸建てとマンションで契約料金に差があるのですが、フレッツ光が言う戸建ては「3戸以内」を指します。

つまり「4戸以上」でなければマンション契約はできません。

 

またマンションタイプの契約は「〇戸以上の契約数が見込める場合」での表記となっており、個人で契約したい場合は、直接フレッツ光に問い合わせる必要があります

このことを踏まえた上で、戸建て・マンションの契約料金をご覧ください。

 

【固定の光回線・戸建ての場合】

利用料金

通常料金

5,700円

プロバイダ月額利用料

500円

初期費用

初期費用契約料

800円

初期工事費

18,000円

初期工事費についてですが、支払い方法は「初回3,000円+2回目以降500円/月×30回払い」になります。

またもしこれを土日休日に工事を行う場合には、追加で3,000円がかかります。

この3,000円は初回料金に上乗せされますので、「初回6,000円」になります。

 

【マンションの場合】

マンション契約の場合は、先述したように「複数の契約数が見込める場合」となります。

そのためその契約数によって料金が異なります

 

16契約以上見込める場合:「プラン2」

8契約以上見込める場合:「プラン1」

4契約以上見込める場合:「ミニ」

 

利用料金

通常料金

3,350円

3,750円

4,350円

プロバイダ月額利用料

500円

 

初期費用

初期費用契約料

500円~

初期工事費

15,000円

こちらの場合も、初期工事費は分割払いになります。

初回3,000円+2回目以降400円/月×30回です。

また同じく土日休日に工事を行う場合には3,000円がかかり、初回に上乗せされることになります。

 

料金シミュレーションで確認してみよう

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

参照元:東日本電信電話株式会社

料金形態を見ても「自分の場合はどれくらい安くなるのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、公式ページでの料金シミュレーションをおすすめします。

 

まとめて料金シミュレーション

 

こちらのページで、現在お使いの利用料金を入力してみましょう。

そうすることで、「フレッツ光に乗り換えたらいくらになるのか」を一瞬で知ることができます。

 

フレッツ光では魅力的なキャンペーンがある

フレッツ光では、様々なキャンペーンが常に展開されています。

新規でご契約される場合はもちろん、契約中の方でも利用できるキャンペーンもありますので、下記のページでぜひチェックしてみてください。

 

キャンペーン・特典・割引一覧

 

フレッツ光を利用する際のQ&A

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

Wifiのパスワードがわからない

最初の登録時や、新しいネット機器を購入した時などに、パスワードを入力する必要が出てきます。

「契約書やルーター本体など色んな場所に色んなパスワードがあって、どれを入力していいかわからない」

そんな時は契約書でもWifiカードでもなく、自宅に郵送されてきたルーター本体の側面を確認してみましょう。

 

本体横に貼られているシールに「MACアドレス」という文字と共に数字が記載されているかと思います。

その数字がパスワードになります。

入力の際は、その数字の一番最後に半角大文字で「Z」を付け足しましょう

 

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

参照元:東日本電信電話株式会社

レンタルではなく購入することは可能?

「月額料金を支払い続けることを考えたら購入してしまった方が安く済むのでは?」

そんな疑問を抱くかもしれません。

 

しかし残念ながら、フレッツ光でルーターの購入をすることはできません

レンタルでのみの提供になります。

 

Wifiが繋がらない!?

Wifi回線が繋がらない場合は、まずWifiチャンネルを変更してみましょう。

近い周波数近い機器が側で使われるなどの要因で、電波干渉が発生し繋がりにくい状況になっている可能性があります。

 

やり方

  1. 無線LANのチャネルを変更する

  2. 電源コードをコンセントから抜き、10秒経過後に再度挿し込む

 

この方法で解決すれば良いのですが、それでも繋がらない場合は、更にもうひとつの改善方法を試す必要があります。

それが「置き場所を変える・向きを調整する」という方法です。

置き場所や向きによっては、Wifiの電波が弱まり、機器まで充分に届いていない場合があります。

 

例えば、床の上に直接置いているなどの「低い位置に設置している場合」です。

このような場合は、Wifi機器を利用機器の高さに置き直してみるのです。

たったこれだけでも、症状が改善されることがありますよ。

 

この2つを行っても改善されない場合は、残念ながら機器の故障の可能性があります。

コールセンターまで連絡してみましょう。

 

自分に合った方法で快適なネット環境を目指そう

固定の光回線とwifiルーターを徹底比較!あなたはどちら向き?

固定の光回線とWifiルーターの違いをしっかりと理解しよう

今回ご紹介した固定の光回線とWifiルーターとの比較情報はいかがでしたか?

この2つは「どう使いたいか」を理解せねば選択することはできません。

 

  • ・家でしかネットをしない:固定の光回線

  • ・外出先で使うことが多い:Wifiルーター

  • ・毎月大量の通信を行う:固定の光回線

  • ・契約してすぐに利用したい:Wifiルーター

  • ・初期費用を抑えたい:Wifiルーター

  • ・安定した通信を行いたい:固定の光回線

 

など、あなたが「どう使いたいか」でその選択肢は異なるでしょう。

また料金形態についても、安く済ませたいのか、業者の信頼度を取るかでも違います

ぜひ今回ご紹介した情報を参考にし、自分にぴったりの方法を選んでくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com