2015/07/01

借りる

745views

【素敵な結婚式にするために……】一生に一度のことだからこそ、やっぱりこだわりたい!ブライダルローンのメリットとデメリットに迫る!

お金がないから、妥協してプランを変更……なんて、悲しいですよね。

ブライダルローン

二人の晴れ舞台のウェディングは、思い出に残るのものにしたいと考えているカップルの人も多いのではないでしょうか?


お金をかけずに行う結婚式もありますが、親族や友人など多くのゲストを招待して披露宴や二次会などを行うとまとまったお金が必要です。


しかし、お金がないからワンランク下げたプランにすると言うのは悲しいものです。


そんなときには、ブライダルローンを利用して、思い通りの結婚式を行いましょう。


ブライダルローンは、金利低めでお金が借りれるメリットが!

ブライダルローン メリット

結婚式を行うには、通常なら後払いや分割払いは出来ず、式を行う一週間前ぐらいまでには代金を用意しなければなりません。


しかし、お金がないという人ならブライダルローンで借りて支払えばこのような問題を解決でき、通常のローンよりも金利が低いなどのメリットが多いです。

理想の結婚式により近づくことが出来る!

お金が無くて結婚式が出来ない、安いプランの理想とは違う結婚式しか出来ない、そんな方でもブライダルローンでお金を借りれば、思い通りの理想の結婚式も可能です。


こだわりの結婚式をしたい、急な挙式でお金が工面できない、親族の援助を得られないなどの場合にブライダルローンを利用すると良いです。

前払いしか受け付けていない式場でも、実質後払いができる!

通常の結婚式では、式の1週間前ぐらいまでに挙式費用を支払うのが普通となっています。


しかしブライダルローンでお金を工面すれば、ローンで借りて挙式費用を支払い、借りたお金は後から分割で支払っていくこととなりますので、実質的には後払いで支払ったことにもなり。後払いが出来るのです。

カードローンなどより低金利でお金が借りられる!

ブライダルローンはカードローンよりも金利が低くなっていることが多いです。


ブライダルローンの金利としては、低いところで3%台、借りる金額によっても金利は違ってきますが、およそ3%~15%前後で金利設定されているので、カードローンよりも低金利なことが多いです。

実は、結婚式以外の結婚にまつわる費用も、まかなえたりします。

ブライダルローンは目的ローンとなり使い道が決められていますが、何も結婚式だけに使うものではありません。


結婚式街にも結婚指輪や新婚旅行への費用としても使うことが出来ます。


もちろんローンを組んだ後は何に使ったか領収書などで示す必要はありますが、結婚に関わる費用全般に使用可能です。


使い道はどうであれ、「お金を借りる」ことには変わりありません。

ブライダルローン デメリット

ブライダルローンを結婚式でも新婚旅行でも何に使うにしても、それはお金を借りることであり、通常のローンと同じように考えなければいけません。


当然ながら借りれば返済義務が発生し、返せる範囲で利用しなければいけません。

利息を払うため、実際の費用以上のお金がかかります。

ローンでは借入金額以外に金利が発生します。


ブライダルローンは金利は低く抑えられているとはいえ、やはり借りた額以上のお金は返済しないといけません。


そのために、結婚式で使用した金額以上のお金を返済しないといけないのです。

返済計画をしっかり立てる必要があります。

ブライダルローンでは、カードローンと違い、その借入金額はは数百万円単位となります。


これだけのお金を借りて返済していくのですから、返済は長い期間となり、返済計画を立てなければいけません。


無闇矢鱈と借りてばかりでは、債務整理をすることにもなりかねませんので、返済計画を立てた上で利用しましょう。

融資が降りるまでには、時間がかかります。

ブライダルローンは審査に時間がかかることが多いです。


用意する書類も多くなりますので、それだけ審査にも時間がかかるのです。さらに書類不備などあれば更に時間がかかります。


場合によっては2週間ぐらいかかることもあるので、結婚式をするなら早めに申し込むことをおすすめします。

金利が低い分、カードローンより審査は厳しめです。

金利が低いのがブライダルローンですが、金利が低い分それだけ審査も厳しめになります。


申し込み資格もあり、提出書類も結婚式の見積書などの提出も求められます。


万が一審査に落ちた場合は、他のローンを考えてみるのも一つの手です。

用途は、結婚にまつわることのみ!

ブライダルローンのお金の使用用途は、結婚に関係する事のみです。


結婚式費用、結婚指輪代、新婚旅行費、新居への引越費用、これらに限られます。


このために、ローン申込時は、これらに関する請求書や見積書や予約票などを提出する必要があります。


メリットとデメリット、よく検討の上申込を!

ブライダルローン 検討

ブライダルローンは、結婚式の費用を工面できる、カードローンなどと比べて金利が低い、結婚式費用を後払い出来るなどのメリットがあります。


しかしその反面、借りる金額が大きいので毎月の返済額の負担が大きい、借りたお金は結婚式関係にのみ使用できるなどのデメリットも存在します。


結婚式費用が足りないなら、ブライダルローンで借りて用意するというのも一つの手ではありますが、結婚式のグレードを下げるという方法もあり、本当に借りるべきなのかどうかを検討の上で申し込みをしましょう。


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com