2015/12/05

借りる

1064views

【審査基準は4つ】そんなところまで見るの?キャッシング審査にまつわる4つの基準。

初めてのキャッシング審査……何が見られるんだろう?

キャッシングでお金を借りたいと思っている人にとって、初めてのキャッシングはとても不安で緊張するものでしょう。


無事お金を借りられるのか、審査はどのように行われるのか、何が審査で確認されるのかわからないことだらけでしょう。


審査ではどのようなことが見られて確認されるか、ご紹介します。

キャッシング審査で確認されるのは、この4つの項目だ!

チェック 画像

キャッシングの審査で確認される項目は決まっています。


まずは申込書にあなたの情報を記載し、それを元に確認が行われます。無事確認が済んで審査通過すれば、最後は在籍確認です。


在籍確認が終われば無事お金を借りることが出来ます。

1. 属性

キャッシングの審査での確認では、まず申込者で属性が確認されます。


これは、年齢、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、居住年数、居住形態、家族構成、固定電話の有無、健康保険の種類、が属性として確認されます。これらにそれぞれ点数を付けて、その点数の総合点で合格か不合格かを判断します。これをスコアリングと言います。


この中でも重要な部分を紹介すると、
年収は高いほど良く、勤務先は公務員や大企業など、居住年数は長いほど点数は高くなります。


昔は固定電話があった方が、家族構成は独身の方が点数は高かったですが、今はそれほどこれらは点数に響きません。


無職である、年収が極端に低いなどの場合は、審査以前にその時点で不合格になる場合もあります。

2. 個人信用情報

次に確認されるのが個人信用情報です。


これは借入れをした人の情報が記載されており、返済の遅延はないか、完済しているか、債務整理はしていないかなどの情報が記載されているものであり、全国銀行個人信用情報センター(KSC)と株式会社 シー・アイ・シー(CIC)と日本信用情報機構(JICC)の3つの信用情報機関があり、これらに情報が記載されます。


これらの情報はキャッシング申込時に金融機関が照会して、あなたの過去の借入れ状況を見るのです。


過去に遅延を繰り返す、債務整理をしているなら、個人信用情報として記載されているので、審査では不利になります。


また任意整理、個人再生、自己破産をしているなら5年から10年は情報が記載され、その期間はお金を借りることは出来ません。

3. 書類の真偽・不備

審査が終わると身分証明書や収入証明書の提出を行います。


このときにも書類が偽造されていないか、不備がないかを確認します。


提出書類は身分証明書として免許証やパスポート、収入証明書として給与明細書や源泉徴収票です。


身分証明書では期限切れの免許証やパスポート、収入証明書では去年の給与明細書や源泉徴収票などを提出しても受け付けてもらえません。


身分証明書は期限切れになっていないもの、給与明細書なら直近2ヶ月か3ヶ月前のものを用意しましょう。

4. 在籍確認

最後は在籍確認が行われます。


これは正社員でもアルバイトでも、会社まで電話をしてあなたが在籍しているか確認します。


あなたが会社にいればあなた宛に、あなたが不在だと他の人に電話して確認します。

このとき電話は個人名で電話しますので、会社の人にあなたがお金を借りようとしていることがバレる心配はありません。


もしも上司や同僚にお金を借りることを話せるなら、一言確認の電話が来ることを事前に伝えておくとスムーズに確認が出来ます。


また在籍確認は会社の誰宛で行って欲しいと、キャッシング会社の人に伝えることも出来ます。会社に新しい上司や社員が入ったばかりであなたのことをまだ知らないという様な場合は、確認する人を指定した方が良いかもしれません。

ちょっとした不備が命取り……申込には虚偽や不備がないようにしよう!

気をつける 画像

キャッシングの申し込みでは、申し込みに嘘がないことが大切です。仮に年収などを多めにして偽っても、収入証明書の提出時に嘘がバレてしまいます。


申込時と収入証明書が違うとなれば審査自体がそこで終了する可能性もあります。


また意外に多いのが申込時の記入間違えです。名前ぐらい間違えるのは審査に影響がありませんが、住所を間違えるとカードが届かない、勤務先電話番号を間違えると在籍確認が出来ないということになります。


キャッシング会社は申込書が間違っていますよと教えてくれるほど優しくはなく、例え間違いで勤務先に電話が出来なくても、それで審査不合格とされます。


申込書は記載したとは一度落ち着いて間違いがないか見直しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com