2017/08/22

増やす

4949views

どちらをやるべきかすぐにわかる株式(現物)とFX(為替)の比較表まとめ7選

株式(現物取引)とFX(外国為替証拠金取引)の4つの比較表

FX(外国為替証拠金取引) VS 株式(現物取引)

ROUND1】「FX投資」VS「株式投資」⇒  中立派

 

FX(外国為替証拠金取引)

株式(現物取引)

投資対象

通貨

個別企業

メリット

売買手数料が無料または低価格で、高い収益を得る可能性がある。

値上がり益だけではなく、配当や株主優待もある。
購入代金以上の損失は発生しない。

リスク

レバレッジ効果により証拠金額以上の取引が可能なため、証拠金額以上の損失が発生する可能性がある

値投資対象企業の倒産リスク

取引時間

ほぼ24時間
(土日、元日を除く)

証券取引所が定める取引時間内

取引レート

リアルタイムで変動

取引時間内リアルタイムで変動

利益

為替差益(キャピタルゲイン)
スワップポイント(インカムゲイン)

値上がり益(キャンピタルゲイン)
配当金(インカムゲイン)
株主優待

利益を得られる場面

円高時、円安時どちらでも利益を得ることが可能
高金利通貨を買った場合、スワップポイント利益

値上がり時
配当があった時

損失が発生する場面

円高時、円安時どちらでも、建玉時の思惑と反対に動いた場合損失が発生。
高金利通貨を売った場合、スワップポイントでの損失。

株価値下がり時

決済・換金・解約

取引時間中いつでも可能

取引時間中いつでも可能

所得区分/申告

雑所得
申告分離課税
※確定申告が必要

売却益は譲渡所得
配当益は利子所得
特定口座は源泉徴収可能

http://www.invast.jp/beginner/difference01/

ROUND2】「FX投資」VS「株式投資」⇒ややFX

 

FX/外為投資

株式投資

市場

24時間

9:00-15:00(11-12:30は休み)

価格消滅リスク

可能性は極めて低い

可能性は存在する

価格の値動き

通貨によるが比較的小さい

市場、銘柄によるが比較的大きい

流動性

最も高い

市場、銘柄による

最低取引額

10万円程度から主要な通貨に投資可能

10万円程度では、銘柄が限られる

通貨リスク

外貨建て資産を保有

あくまで円建て資産

利用者数など

人気急上昇

人気維持

http://gaitame.sportswalker.net/basi/kabu/01.php

ROUND3】「FX投資」VS「株式投資」⇒中立派

 

FX

株式投資

投資対象

通貨(国)に投資

個別企業に投資

投資対象の数

20通貨程度

4000社程度

投資対象の値動き

緩やか

激しい

取引時間

24時間

平日10~15時

為替差益の儲けをえる機会

売り・買いの両方

買い
(信用取引の利用で、売りも)

金利

日割りで計算され、
原則として、決済時に受取

株主配当あり

レバレッジ(てこの原理)

1倍~400倍

利用できない
(信用取引では2倍~3倍)

http://www.fx-easy.net/knowledge/hikaku2.html

ROUND4】「FX投資」VS「株式投資」⇒FX

 

FX

株式

取引資金

レバレッジ25倍利くので、取引資金が少なくて済む。

一株の値段によるが、
レバレッジの利かない分高い。

銘柄数

最大50~60程度

2,000以上

取引時間

平日24時間

平日9時~15時まで(お昼休憩あり)

分析①

テクニカル分析は同じ。

テクニカル分析は同じ。

分析②

取引量が膨大なため、個人の思惑に影響されない。

仕手やインサイダーなど個人の思惑に影響しやすい。

分析③

国家の経済状況がもろに影響。

国家の経済状況よりも企業の動向が大切。

取引

常に売りで入る。

売りで必ず入れるわけではない。

ストップの存在

なし

あり

レバレッジ

国内FX口座で25倍。海外口座では規制なし。

信用取引で3倍まで。

手数料

無い代わりにスプレッド。

あり。

利益

値動きが安定しているため、資産がない場合、レバレッジをかけないとあまり稼げない。

値動きがFXより激しいので、稼げるチャンスはいくらでもある。

税金

「申告分離課税」で一律20%。

自分で確定申告。

「譲渡所得」で一律20%。

証券会社が自動で納税。

当局の介入

為替介入はたまにあり得る。

滅多にない。

投資レベル

投資初心者向け

投資中級者~

http://mrscalp-fx.com/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/post-953/

株式とFXの違うポイントを解説した3記事

FX投資と株式投資の違い

ROUND5】「FX投資」VS「株式投資」⇒ややFX

■為替と株の違い その1 「円相場は株価ほど動かない」

円相場が160円から5分の1の30円になったり、100円から倍の200円になることはない。

 

■為替と株の違い その2 「当局の介入の違い」

1973年の変動相場導入以来、政府は日銀を通じて円売り介入を中心に市場への介入をしばしば行っている

 

■為替と株の違い その3 「往来相場」

為替相場は同じレンジ内を何度も往復する特徴がある。為替の変動幅は小さいとはいえどもその 「のべの動き」 は株より大きいかもしれない。

 

■為替と株の違い その4 「実需」

為替相場には実需取引が多い。

輸出輸入や海外への送金や海外からの受け取り、旅行代金、金利配当の受け取りなど、景気のファンダメンタルズやそれに基づく見通しとは関係のない取引、相場動向に拘わらず取引されるものも多い。

 

■為替と株の違い その5 「取引時間」

株も最近は夜間取引ができるがその取引は概ね東京時間内で行われる。為替取引は24時間世界中のどこかで行われている。土日さえも中東市場で為替取引が行われている。

 

■為替と株の違い その6 「レバレッジ」

株が数倍程度であるのに対し、為替は数十倍から百倍でも可能な業者が多い。

http://moneyzine.jp/article/detail/250

ROUND6】「FX投資」VS「株式投資」⇒ややFX

FXと株の最も異なる点は、値動きの違いです。もともと為替の値動きというのは小さいのです。

基本的にFXは株よりもローリスクローリターンなのです。

株の場合は倒産すれば価値はゼロになってしまいますが、通貨の場合はそのようなことはほとんどありません。ドルの価値がゼロになったら・・・・世界経済は破綻しますよね。

2004年のドル円の場合は上下で13円程度の値動きでした。

為替は株に比べて値動きが小さいのです。

そこで資産を大幅に増やしたい人はレバレッジを使います。

http://fx.ttyk.com/010_fx/ent6.html

ROUND7】「FX投資」VS「株式投資」⇒株式派

■FXはゼロサムゲーム。ギャンブルと同じだ。

「ゼロサムゲーム」とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになるゲームのことです。

例えば100人得した人がいれば、その裏で100人損をした人がいるということ。

 

競馬・競艇・オートレース・パチンコ・パチスロ・宝くじなどは、主催者側の取り分を除けば、敗者から集めた資金を勝者で分け合う仕掛けになっているため、これに該当します。また、金融商品では、外国為替取引、株価指数先物・オプションもこれに該当します。

 

一方、株式投資は基本的に「非ゼロサムゲーム」です。当然のことながら、株式の上昇局面では価値が創出され、下降局面では価値が減少します。

 

■投資は「買い」から入るのがキホン

売りから入っても、「利益は有限・損失は無限」です。利益が有限なんて、「夢」がありません。

逆に、「買い」は「利益が無限・損失は有限」です。

こちらには、利益が無限という、「夢」があります。

ですから、買いから入る投資を基本にするべきでしょう

http://diamond.jp/articles/-/17044


 

実は重要なFXの口座選び…
マネスト編集部のおすすめ口座はこちら

2017年最新版!人気のFXの取引口座を6つの観点から徹底比較!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「増やす」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com