銀行活用法

銀行活用法」に関するマネーコンテンツを 10件掲載しています。
また、銀行活用法は、 貯める預金・銀行 の中に入るカテゴリーです。

銀行は、ただ資産を預け入れるだけの場ではありません。
何らかの方法で預け入れた資産を運用し、増やすためにも利用できます。

「何らかの方法」といっても、その手段は様々です。
銀行を通して投資信託や国債をといった債権を購入したり、保険に預け入れたり……。
なかでも、やはり『定期預金」が一番身近でリスクの少ない資産運用なのではないでしょうか。

定期預金というと、「1回預け入れたら、満期が来るまで解約できない」というイメージがあるかと思います。
ですが、実は解約は満期が来る前であっても可能です。
ただし、預入から解約までの期間に適用される金利が、定期預金のものから普通預金の金利になってしまうことだけがネックです。
また、定期預金と同じように見える「仕組み預金」では、解約すると損をする仕組みになっていますので、この点は注意が必要です。

普通の定期預金以外にも、「退職金専用の定期預金プラン」というものも存在します。
これは、退職金を受け取ってから数ヶ月〜1年程度の期間に利用出来る特別な定期預金で、一般的な定期預金よりも高い金利が適用されることが多いとされています。
この退職金運用を最大限行おうと思うのであれば、同じような商品でも預入可能な期間などを考えて、優先順位を付けて順番に預入を行うと良いでしょう。

マネストでは、銀行をうまく活用するための方法を紹介していきますので、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com