クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識」に関するマネーコンテンツを 33件掲載しています。 支払方法保険と補償 などのお役立ちコラムを集めています。
また、クレジットカードの基礎知識は、 使うクレジットカード の中に入るカテゴリーです。

クレジットカードを作ろうと思っても手続きが面倒そうで諦めてしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードは申込者の信用によって成り立っているので、例えば運転免許証などよりも手続きが複雑です。
ですが基本的なところを抑えておけばそれほど難しくないですし、発行された後は便利な機能、サービスを十分に享受することが出来ます。

そこで必要なのが、クレジットカードにまつわる基礎知識です。
各クレジットカードごとの違いや、付帯サービスの種類など、クレジットカードの基礎的な知識を得ておけば、自分に合ったカードの選択から便利な利用法、困ったときの対処まで、クレジットカードを十分に使いこなすことも可能になるので、これらについ知識を得ておくことはとても大事です。

クレジットカードを申し込むときには氏名や住所などの個人情報と、運転免許証などの公的機関の発行した書類の提出が必要です。
これはクレジットカード会社がその書類を元に、カードを申込んだ人が信用できるかどうかを判断するためです。
このことからも分かる通り、クレジットカードは利用者の信用を担保にしてクレジット機能をはじめ、各種サービスを提供しています。これらの個人情報は信用情報機関によって共有されるので、支払いの遅延などは極力避ける必要があります。

クレジットカードには、クレジットやキャッシングといった機能の他に、いろいろなサービスが付帯しています。
代表的なのは、このようなものです。
・海外や国内の旅行傷害保険、ショッピング保険、不正利用補償といった保険、補償
・クレジットカードを利用した公共料金や通信費の支払い
・SuicaやEdy、iDなどの電子マネーに対するオートチャージ
・ショッピングなどで還元されるポイント
・飛行機に搭乗することで貯まるマイレージ

クレジットカードと似た機能を持つデビットカード(debit card)との違いは、デビットカードは金融機関が発行し、支払いに使用したときに支払い代金が口座から即時引き落とされるという部分です。
また、原則的に口座残高を超えない範囲での利用に限られるのがクレジットカードとの大きな違いです。
クレジットカードには法人として申込む、法人クレジットカードもあります。

クレジットカードの解約については、ほとんどの場合電話ですることができるので特に問題になることはないでしょう。
ただし解約後のカードが不正利用されないためにも、ハサミを入れて処分することをおすすめします。

マネストでは、クレジットカードについて基礎的な知識から便利な使い方まで全ての情報を網羅していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com