2014/10/09

貯める

5154views

銀行支店長による誰でも資産が築ける銀行の活用法『お金が貯まるのはどっち!? 』 菅井敏之

元三井住友銀行の支店長が明かす、普通の会社員のままでも資産を築ける、銀行の活用方法!

お金が貯まるのはどっち!?

本書は、一般的な投資指南本の部類には入らないが、

ある意味投資よりも大きなレバレッジを利かせられる投資指南本かもしれない。


Amazonのレビューの投資の玄人っぽい方の中にも

「(投資効果的に見て)持ち家よりも賃貸が良い」

「1000万円保障の終身保険より掛け捨ての定期保険が良い」

とかあるが、

本書はくまでも元銀行マンからみた貯金と資産形成の本なので、

「サッカーか野球どちらが良いのか」といった土俵が違う議論になっている。


つまり、極端な例かもしれないが、

「胃袋を満たす(財布が同じ)なら、日本料理が良いのか、フランス料理がいいのか」

という議論を言っているように私には思える。


厳密に計算したわけではないが、あなたの元金の約4倍のレバレッジを利かせられる

銀行融資を活用した不動産投資は、サラリーマン・OLだからこそできる最良の投資

だと私は考えている(ちなみに、自営業者は、銀行からの評価が低い傾向にある)。


なぜなら、本書でもあるように「自分のお金ではなく、他人のお金を借りる(レバレッジが利く)」からである。


もちろん、この借金することに、抵抗を覚える人もいるかもしれない。

筆者は計画的な貯金と同じで、計画的な借金は、 “いい借金”とする。
なぜいいかは、本書を参考にして頂きたい。


そういう意味で、本書は、

「自分の貯金から投資するのか?」「他人から借金して投資するのか?」

の後者の指針となる良書になる可能性はある。

0.著者がこの本で伝えたい3行メッセージ(想い・願い)

銀行はお金を預けたりおろしたりするだけの場所ではない。銀行は、「お金を借りる場所」である。

会社員で生涯年収2億5000万円だったとしても、不労所得を得られる方法は、銀行を上手に活用すること。
 ⇒「普通の会社員のままでも資産を築ける」と筆者は断言する。

“きゅうふり(給料振込)口座”をメガバンクにするか信用金庫にするかで、あなたの未来が劇的に変わる。
 ⇒元銀行マンの筆者だから言える、将来お金が増える選択肢は、「信用金庫」である。

1.導入文:タイトルや著者紹介を見て云々

本の表紙に副題っぽく「お金に好かれる人嫌われる人の法則」とあるが、
よく巷に出回っている「マネー本」の域を出ないだろうなというのが、本書の第一印象。


ただ、「お金が貯まるのはどっち?」というタイトルと、
「銀行支店長がこっそり教える(すでに本を出している時点でこっそりしていないが)お金を増やす25の法則」
という帯があるが、実際本を開いてみると、25のQ&A集」であり、これは非常に読みやすい印象。


また筆者は、現在は6棟のオーナーとして、年間7,000万円の不動産収入があるようだ。

少なくとも推定1~2億円単位のレバレッジを利かせて、不動産を買っていることが推察される。


これは私が実践したい資産運用方法なので、非常に興味をもって、本書を手にとった。

2-1.要約①:まえがき、はじめに

  • 筆者は、現在は6棟78室のアパート経営で、年間7,000万円ほどの不動産収入を得ている。
  • 銀行はお金をおろす場所ではない。銀行はお金を借りる場所。
  • なぜ、メガバンクではダメなのか?メガバンクはそもそも、大企業の人や公務員のように安定している人しか相手にしない。それ以外の人の身の丈にあっている(銀行を活用できる)のは、信用金庫
  • あなたは「お金が増える選択」「将来、銀行からお金を借りやすくする選択」をしなければならない。

2-2.要約②:本文

Part1お金が増える「銀行&保険」の活用法は、どっち?

【質問1】クレジットカードを持つなら2枚と4枚、どっち?

【答え】クレジットカード2枚にする!将来、銀行からお金を借りるときのために、信用を失わないように注意して。

返済で一番の問題である「入金遅れ」(遅延・延滞)は、金融機関の信用情報に記録される。延滞が続くと、金融的に事故扱いになり、いわゆるブラックリストに入る。

■信用情報センター

┣①全国銀行個人信用情報センター(KSC)

┣②株式会社シー・アイ・シー(CIC)

┗③日本信用情報機構(JICC)

銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金、クレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社、保証会社が登録して、あなたの信用情報(クレジットヒストリー)が共有されている。


【質問2】天引きで貯金する人、余ったお金で貯金する人、貯まるのはどっち?

【答え】お金が貯まる人の絶対条件は「計画性があるかどうか」。お金が貯まるのは「天引き」で貯金する人。コツコツと積み立て、銀行に信用される人になろう。

【質問3】メガバンクと信用金庫、口座を開くならどっち?

【答え】“きゅうふり口座”は信用金庫につくって、そこに積み立て信用を築く。メガバンクやゆうちょ銀行は、緊急でお金を引き出すときのために活用する。

【質問4】普通預金と定期預金、どっちでお金を貯める?

【答え】「総合口座」をつくり、普通預金、定期預金、貯蓄預金の3種を使い倒す。普通預金には生活費と安心できる手元資金を、定期預金には余剰分を、貯蓄預金には臨時出費分を、それぞれ入れておく。

①普通預金⇒「日々のお金の管理」(給料振込み。クレジットカードの決済。公共料金の支払い。)

②定期預金⇒「余剰資金の管理」(ムダ使いが減る。自動融資で、お金の流動性を確保できる。)

③貯蓄預金⇒「貯蓄預金」(マンションの更新料、友人へのご祝儀、自動車税や車検代など)

【質問5】定期保険と終身保険、入るならどっち?

【答え】保険は絶対「終身保険」にする。それだけでは必要な保険金をまかなえない場合だけ、「定期保険」で補完する。まずは不安の招待を突き止めよ。

【質問6】保険は、若いうちに入るか、結婚してから入るか、どっち?

【答え】若い内から1,000万円保障の「終身保険」に入るべき。人生の節目には、「定期保険」を活用しながら、全体の保障額を調整する。

【質問7】保険会社とファイナンシャルプランナー、ライフプランを相談するならどっち?

【答え】保険会社、ファイナンシャルプランナー、どちらに相談してもOK。ただし、その人のすすめる保険商品をすぐに買ってはいけない。インターネットの保険会社で、「終身保険」をベースに選ぶ。

【質問8】銀行系列のカードローン、キャッシュカードのリボ払い、得するのはどっち?

【答え】カードローン、リボ払いはいずれも手を出しちゃダメ!銀行の「資産」はあなたの「負債」、あなたの「資産」は銀行の「負債」、と心得よ。


Part2―お金が貯まる「生活習慣」は、どっち?

【質問9】長財布と折たたみ財布、お金が貯まるのは、どっち?

【答え】財布は、長財布を使う。「財布はお金の家」と考えて丁寧に扱うことで、お金は貯まっていく。

【質問10】コンビニと銀行、お金を下ろすならどっち?

【答え】コンビニであろうと銀行であろうと、無計画にお金をおろすのはダメ!毎月の予算を決め、それに週ごとに分割して、毎週月曜日に必要な金額を「銀行」でおろすようにする。コンビニでおろすと、“ついで買い”をしてしまうので注意。

【質問11】コンビニで払うなら現金とクレジットカード、どっち?

【答え】お金を貯めるには、家計簿をつくって、支出をチェックしなければいけない。クレジットカードを使い倒して利用明細をもらうと、家計簿の管理がラク。現金で払う場合はレシートをもらい、項目ごとに仕分けしておく。

【質問12】お金の話をする人、しない人、貯まるのはどっち?

【答え】お金の話を公表すると、モチベーションが上がり、まわりの人も協力してくれるようになる。

【質問13】Suicaをチャージするなら1000円と1万円、どっち?

【答え】毎月使う金額分を算出してチャージし、その金額内で暮らすようにする。Suicaの役割を「交通費+コンビニ代」などと決めると、支出をコントロールできる。

【質問14】タクシーに乗る人と乗らない人、お金が貯まるのはどっち?

【答え】仕事ができるかどうかは、靴にあらわれる。雨が振ったら、すぐタクシーに乗って、靴を守れ!

【質問15】机がきれいな人と汚い人、お金持ちになるのは、どっち?

【答え】お金持ちは、例外なく机がきれい。「稼ぐ力」と「管理する力」を両方身につければ、資産はグッと増え始める!

【質問16】セールで買う人、買わない人、得するのはどっち?

【答え】セールを活用するなら、「ほしかった商品」が安くなっているときだけに。「安いから、買う」はムダづかいの温床になる。特に金融商品には、かならず裏があるから気をつけて。

【質問17】2000万円の借金と500万円の借金、破綻しやすいのはどっち?

【答え】2,000万円の借金でも、住宅ローン中心の“いい借金”なら破綻しない。問題なのは借入の本数。これが多いと、300万円、500万円の借金でも自己破産することも。

【質問18】ねばり強い人とすぐあきらめる人、破綻しやすいのはどっち?

【答え】「まじめで、ねばり強い人」が、じつは破綻しやすい。危険を察知したら、早めに損切りして逃げなさい。


Part3―お金が増える「住宅の選び方」は、どっち? 

【質問19】自分のお金と他人のお金、どっちで資産を築く?

【答え】できるだけ自分のお金を使わず、「人のお金」、つまり銀行からお金を借りて、それを元手に資産を増やす。「住宅ローン」は、誰でも活用しやすい“いい借金”だ。

【質問20】持ち家派、賃貸派、得するのはどっち? 

【答え】資産をつくりたいなら、断然「持ち家」がいい。大切なのは物件選び。将来、売れる、貸せる立場の物件を選ぼう!

【質問21】家は、結婚前に買うか、結婚してから買うか、どっち? 

【答え】「持ち家」は若いうちから手に入れるべき。ルームシェアで家賃収入を得ながら、結婚したら新しい物件を購入する。前のマンションは人に貸してもいい、売ってもいい。住宅ローンを活用しながら、ステップアップしていくことが、資産形成の早道。

【質問22】お客様は神様か、神様ではないか、さて、どっち? 

【答え】融資を受ける立場においては、「お客様は神様」ではない。お金を借りるためには、銀行印から信頼されることが大切。申請書類を書くときは、字を丁寧に、記入漏れを減らすこと。専門用語を使いながら高飛車な態度はNG。追加の提出書類にも嫌な顔をせず、つねに銀行員がやりやすいように先回りすることで、融資が得られるようになる。

【質問23】住宅ローンはボーナス払いと一律平均払い、得するのはどっち? 

【答え】ボーナス払いは危険!ローンは年収の20%までに抑え、一律平均で返済しよう。

【質問24】「繰り上げ返済」をするか、「手持ちの現金」を貯めておくか、得するのはどっち? 

【答え】「団体信用生命保険」に入っていれば、むやみに繰り上げ返済する必要はない。住宅ローンの金利以上で運用できる人も、繰上げ返済の必要はない。投資に関心のない堅実な人は、ライフプランを見極めながら繰上げ返済をするかどうか判断しよう。

【質問25】銀行に相談する人、自力で解決する人、資産が増えるのは、どっち?

【答え】銀行には、人や会社の紹介などを相談してみよう。それが、銀行との関係強化にもなる。


2-3.要約③:まとめ、おわりに

  • 平均的なサラリーマンの生涯年収は、2億5000万円。
  • そのうち約2割が税金や、年金、健康保険、約2割が住宅費、約1割が保険料、教育費が1.5割だとすると、実際に使えるお金は、1億1500万円で、22歳から65歳までの42年間で割ると、年間約267万円(月約22万円)。
  • 「普通の会社員のままでも資産を築ける」と私は断言します。
  • 会社員としての生涯年収が2億5000万円でも、銀行を上手に活用して、不労所得を得られる。

3.著者紹介

菅井敏之 菅井 敏之(すがい としゆき)

 昭和35年9月山形県生まれ


 県立山形東高等学校、学習院大学を経て、昭和58年4月三井銀行入行

 個人・法人取引およびプロジェクトファイナンス事業に従事。

 京都支店副支店長、金沢八景支店長、中野支店長を歴任後、独立。

 現在は不動産賃貸事業、トランクルーム事業等の実業を展開中。

  6棟のオーナーとして、年間7000万円の不動産収入がある。

また、2012年には東京の田園調布に「スジェール コーヒー」をオープン。


 銀行員として、お金を「貸す側」、不動産投資家としてのお金を「借りる側」

どちらの視点も持っていることを特徴とした講演、コンサルティング活動を行っている。

4-1.Amazon説明文

元銀行支店長が教えるお金を増やす25の法則


あなたの給料は、どの銀行に振り込まれますか?

メガバンク? それとも地元の信用金庫?

では、なぜその銀行を選んだのでしょうか?


もしも「なんとなく……」だとすれば、

あなたの将来はかなり不安です。

選ぶ銀行によって、

お金持ちになることもあれば、

その逆もあるんです。


大切なことは、

つねに「お金が増える選択」をすること。

成功者たちは、銀行も、保険も、住宅も、

資産を増やすために、

かならず明確な意図をもって選んでいます。

その意図さえわかれば、

あなただって資産を築くことができる!


では、あらためて先ほどの質問に戻ります。

あなたは、メガバンクと信用金庫、

どちらを選んでいますか?


じつは、どちらがお金が貯まるかというと……。

4-2.Amazonレビュー

評価が高い有用性のあるレビュー

★★★★★ 玄人ではなく、素人に読んでほしい本です

お金持ちになるための【おばあちゃんの知恵袋】的な内容だったと思います。
どうすればちょっとしたことでお金が貯まっていくか、将来お金を借りたくなったときに金融期間からお金が借りやすくなるかって生活習慣のコツみたいなことが分かりやすく書かれています。

他のレビューで「たいした情報が載っていなかった」と多く書かれていますが、投資のプロやファイナンシャルプランナーみたいな人や、そもそも投資に興味があって専門書を読み漁っている人向けのものではなく、社会人になったばかりの若い方やこれまで投資や独立に全然興味をもっていなかった投資初心者に読んでほしいです。
昨今の日本ではつぶれるはずのないと思ってた会社がつぶれたり、終身雇用の雇用形態が崩れていて、長い人生の中のどこかのタイミングで独立・起業のためにお金を借りたくなったとき、普段の生活の中のちょっとしたことでそれまでのお金の貯まり方や金融機関からの評価が変わるんですよって教えてくれている本です。

家内も読みましたが、自分には当てはまらなかったものでも、家内は「これいい!」って言ってたものもありました。
知恵袋的なアドバイス集なので、自分で実践したいと思ったものだけをピックアップしてコツコツと実践していけばいいと思います。


評価が高くない有用性のあるレビュー

★★☆☆☆ レベルが低く、さしたる情報はない
ちょっとした読みもの程度にとどめておくべきレベルの内容です。

著者は元銀行マンで、銀行の融資や不動産については知識があるようですが、生命保険や投資のことはあまりしらないようです。

持ち家と賃貸では持ち家がいいという主張をされていますが、投資効率の観点では他の手段(証券投資)でいくらでもいい方法があります。

銀行口座の開設もメガバンクより信用金庫を勧めていますが、これも将来自営業を始める人にしか、メリットはありません。ネット系銀行など利便性の高い金融機関の紹介もありません。

生命保険は保障額1000万円の終身保険を勧めていますが、保障を目的とするなら掛け捨てタイプの定期保険にすることが王道です。

住宅ローンについてもさしたる情報は得られません。

お金について総合的に書かれたものでは他にたくさんのいい本があります。また、投資、生命保険、住宅ローンについてもそれぞれの分野での良書にあたることを勧めます。ちなみに私は、このアマゾンでいくつかのマネー本にレビューをつける程度の知識があり、投資、生命保険にはかなりの知識があります。

アマゾンのレビューも信用できないことをこの本でも確認しました。

5.この本の目次

プロローグ

銀行はお金をおろす場所ではない

なぜ、メガバンクではダメなのか?

お金は増えるのは、どっち?

Part1お金が増える「銀行&保険」の活用法は、どっち?

【質問1】クレジットカードを持つなら2枚と4枚、どっち?

【質問2】天引きで貯金する人、余ったお金で貯金する人、貯まるのはどっち?

【質問3】メガバンクと信用金庫、口座を開くならどっち?

【質問4】普通預金と定期預金、どっちでお金を貯める?

【質問5】定期保険と終身保険、入るならどっち?

【質問6】保険は、若いうちに入るか、結婚してから入るか、どっち?

【質問7】保険会社とファイナンシャルプランナー、ライフプランを相談するならどっち?

【質問8】銀行系列のカードローン、キャッシュカードのリボ払い、得するのはどっち?


Part2―お金が貯まる「生活習慣」は、どっち?

【質問9】長財布と折たたみ財布、お金が貯まるのは、どっち?

【質問10】コンビニと銀行、お金を下ろすならどっち?

【質問11】コンビニで払うなら現金とクレジットカード、どっち?

【質問12】お金の話をする人、しない人、貯まるのはどっち?

【質問13】Suicaをチャージするなら1000円と1万円、どっち?

【質問14】タクシーに乗る人と乗らない人、お金が貯まるのはどっち?

【質問15】机がきれいな人と汚い人、お金持ちになるのは、どっち?

【質問16】セールで買う人、買わない人、得するのはどっち?

【質問17】2000万円の借金と500万円の借金、破綻しやすいのはどっち?

【質問18】ねばり強い人とすぐあきらめる人、破綻しやすいのはどっち?


Part3―お金が増える「住宅の選び方」は、どっち? 

【質問19】自分のお金と他人のお金、どっちで資産を築く? 

【質問20】持ち家派、賃貸派、得するのはどっち? 

【質問21】家は、結婚前に買うか、結婚してから買うか、どっち? 

【質問22】お客様は神様か、神様ではないか、さて、どっち? 

【質問23】住宅ローンはボーナス払いと一律平均払い、得するのはどっち? 

【質問24】「繰り上げ返済」をするか、「手持ちの現金」を貯めておくか、得するのはどっち? 

【質問25】銀行に相談する人、自力で解決する人、資産が増えるのは、どっち?


エピローグ

6.この本の紹介

お金が貯まるのは、どっち! ?

お金が貯まるのは、どっち! ?

菅井 敏之

アスコム

Amazon.co.jpで詳細を見る

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「貯める」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com