2016/04/03

使う

1096views

1年間で13万円以上も節約できちゃう!?驚きのセルフオシャレ術とは

美容院にネイルにファッション、女性ってお金が掛かることばっかり……と嘆いている人に朗報です!

女性の方は多くの人でおしゃれに関していくばくかのお金を使っているでしょう。
ところで皆さん年間でどのくらいのお金をおしゃれに使っているか考えたことはありませんか?


たとえば美容院に1回当たりかかる費用が2000円と仮定して、2か月の一回のペースであれば、12000円かかります
ネイルサロンに通っている人は、1回当たり1万円ねん出していると仮定して、月に1回だと12万円もかけている計算になります。
そしてクリーニングにコート3着とダウンコート1着、そして普通の衣服を数着出しているとすると、年間1万円くらいの費用をかけていることになるでしょう。


もしこれを自分で行うとどうなるでしょうか?
まずヘアカットははさみがあれば十分ですし、ネイルグッズがあれば自分でネイルケアを行うことも可能です。
さらにクリーニングも自分ですれば潜在代くらいだけになりますから、おそらく13万円くらいの節約効果が見込めるでしょう。


おしゃれはプロにお願いしないといけないと思っている人も多いでしょう。
しかしセルフでコーディネートすることで、安くかつオシャレを常に心がけることもできるわけです。

女は髪が命!セルフヘアメンテナンス術

​​​​​​​

美容院よりもイメージ通り?セルフカット術

美容院に行くと、どうしても大きなお金がかかってしまいます。
そこで自分でカットしてみるのはいかがですか?


たとえば前髪であれば、鏡を見てカットできるはずです。
前髪は現在眉上カットが流行っていますので、こちらを実践してみると若々しい印象のヘアスタイルになります。

アレンジ術で、もっとオシャレに

なかなか美容院に行けないと、髪の毛がボーボーの状態になりがちです。
そんなときには、ヘアアレンジをして髪の毛をおしゃれに見せることも可能です。


たとえばヘアゴム一つあれば、髪の毛をまとめるだけでヘアケアがしっかりできているような印象にまとまります。
また毛先が不揃いになってしまうのが美容室に行かずに髪の毛を放置した時に起こりやすいです。
そこで毛先を隠すようなアレンジをするのがおすすめです。

余談ですが、男性のセルフカットも人気のようです

セルフカットですが、男性も節約するにあたっておすすめの方法です。
男性も月に1回くらいのペースで髪の毛をカットしてもらっている人も多いでしょうあら、年間それなりの支出をしているはずです。


男性がセルフカットをする場合には、まず自分に似合うヘアスタイルが何かを考えましょう。
はさみだけでなく、すきバサミとかバリカンなども購入すれば、いろいろなヘアスタイルのアレンジにもチャレンジできます。

爪の先まで美しくいたい!セルフネイルケア術

まずはネイルポリッシュにチャレンジ

ネイルポリッシュは自分でやろうと思えば、比較的簡単にできます。
スポンジに軽く水を含ませ、ネイルポリッシュを塗るだけです。

ネイルポリッシュですが、100円ショップなどでも販売されていて比較的安価です。


この時同系統のカラーをしたネイルポリッシュをいくつか準備することです。
そして暗い色をスポンジの先に付け、奥に行くにつれて明るくなるようにコーディネートすることが大事です。
いきなり爪にやってしまうのではなく、紙などにためし塗りをしてみると自分のイメージ通りの色になっているかどうか確認できます。

本格派ジェルネイルもセルフでできちゃうんです

ジェルネイルと言われると、ネイルのスキルの中でもハイレベルのイメージがあって、プロのネイリストでないとできないと思っている人も多いでしょう。
しかしジェルネイルですが、自分でも行おうと思えばできます。


実は通販サイトを見てみると、ジェルネイルのできるキットも販売されていて、説明書の通りに作業をすれば、それなりの仕上がりになります。
しかも通販サイトで販売されているキットを見てみると、リーズナブルな価格で販売されているものも多いですからチェックしてみると良いでしょう。

着る物が人を表すっていうでしょ?セルフクリーニング術

カワイイけど繊細すぎる!レース&シフォン

レースのスカートやシフォンのブラウスなどは手洗いもしくはドライコースを使って洗濯機で洗うことが可能です。
スカートを洗うときには裏返しで、洗濯機を使う場合には畳んで洗濯ネットの中に入れるのが重要です。


ビーズやスパンコールのついているアイテムは、中性のオシャレ用洗剤を使うことです。
脱水をしても構いませんが、短めに済ませて、シワを伸ばしておくことが大事です。

冬の定番!ついつい買い過ぎちゃうニット

中性のオシャレ着専用の洗剤を使用すれば、ニット類を洗うことは可能です。
30度くらいのぬるま湯に洗剤を入れると汚れ落ちの効果が上がります。


ちなみにこのニットの洗濯の方法は、ドライマークの表示のついているものに限られます。
カシミアやアンゴラ、モヘアのニットは洗えないので注意しましょう。

本当に洗っても大丈夫?コート

コートも自宅で洗濯することができ、こちらもおしゃれ着用の洗剤を使います。
30度くらいのお湯に洗剤を溶かして、つけ置き洗いをします。


この時しばらくするとコートが水面に浮いてしまいます。
そこでこまめにコートをお湯の中に沈ませてつけ置き洗いをすることが大事です。
ファーのついているコートを洗濯する場合には、ファーの部分は外して洗濯するように心がけましょう。

まさかダウンジャケットまで!?

ダウンジャケットは、洗濯機の洗濯槽を使って手洗いすることでセルフケアが可能です。
この時洗濯液は30度くらいの熱すぎず冷たすぎずの温度にして、ていねいに押し洗いをすることです。
すすぎの他にも軽くで良いので脱水をすると、洗剤の泡切れが良くなるとされています。


ダウンジャケットの中には、素材的に水洗いの出来ないものもあります。
そのようなジャケットであれば、クリーニングでプロの方に洗ってもらうのが無難です。

セルフオシャレ術は、達成感も味わえる素敵な節約術です!

以上で紹介したような方法を駆使すれば、美容院やネイルサロンに通うこともクリーニング屋に洋服を出す必要もなくなって、節約しながらおしゃれを楽しめます。
ただしいずれの方法も、いろいろとやらなければならない作業も多いので最初のうちは慣れずに大変な思いをするかもしれません。
しかし慣れてくれば、だんだんとやり方のコツもつかんできて、効率よくできるようになるはずです。


10万円以上の節約効果も期待できるとなると、やってみる価値は十分あるでしょう。
しかもうまくできたときに、プロにお願いするときには決して感じられない達成感を得られるはずです。
少しでも節約しながらおしゃれに日々を過ごしたいと思っているのであれば、以上で紹介したセルフおしゃれ術にチャレンジしてみる価値は十分あるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com