2015/09/16

使う

1064views

【外貨両替は損をする!】海外旅行へ行くなら、現地通貨は海外キャッシングが鉄則!と言える4つの理由

現地通貨を入手するには街中での両替がイチバン……はもう古い!

外貨 両替

海外旅行をするなら、現地へ行けばその国の通貨が必要であり、日本円をどうにかして旅行先の通貨に替えなければいけません。


一般的な方法として、旅行先の現地で外貨に両替するという方法がありますが、これは不便なものです。
多く必要だと外貨を沢山持ち歩くこととなり、財布も重くなり防犯面でも不安です。
また両替した外貨が余ってしまえば、帰国後に持て余します。
少なく両替すると、多く買い物をするとお金が足りないということもありえます。


何かと外貨両替は不便なものです。
そこで便利なのが海外でのクレジットカードを使ったキャッシングです。
上記のような外貨の持ちすぎも不足も発生せずに、外貨を持たないので防犯でも安心できます。
海外キャッシングのメリットは色々とあります。

実は、クレジットカードには「海外キャッシング枠」というものがあります。

海外キャッシング

クレジットカードには、それぞれ海外キャッシング枠というのが設定されており、海外のATMでいくらまで借りられるかという金額があります。
たとえば海外キャッシング枠が10万円なら、現地のATMで10万円分のレート換算の現地通貨が引き出せるのです。


これを利用すればわざわざ外貨に両替してお金を持ち歩く必要はありません。
必要なときに必要なだけ引き出して使えばいいのです。
ただしこの海外で借りたお金も、通常のお金と同じように利息がかかり、返済しなければなりません。

海外キャッシングの4つのメリット

海外キャッシング メリット

1.提供レートは利用日の実査のレートで決済!

キャッシングのレートは当日の実質のレートであり、上乗せレートはありません。
これはとても助かります。
特にマイナーな通貨になると、当日のレートで引き出せるのはとても有り難いです。

2.手数料はどこのATMでも一緒だから、単純で分かりやすい!

引き出すときの手数料は、どこのATMでも同じであり、それぞれのクレジットカードによって一律いくらと決まっています。
手数料が決まっているので、いくら引き出すと手数料で引かれるかわかりやすいです。
また手数料は外貨両替するときよりも安いので、これも嬉しい限りです。

3.ATMさえあれば、どんな国でもどんな通貨でも引出し可能!

そのクレジットカードが使えるATMさえあれば、どこの国のどんな通貨でも引き出せます。
現地のその町で使えるATMには、VisaやMasterCardの名前やPLUSというロゴがありますので、これを目印にして探すと良いでしょう。
ホテルやデパートや駅ならATMがありますので、そのような大きな施設を目印に探すと探しやすいです。

4.小額からのチェンジが可能!変えすぎた……なんてことが防げます。

引き出すお金は、ATMでは引き出し額が決まっており、たとえばドルなら「20」,「60」,「80」,「100」,「200」,「OTHER AMOUNT」と表示されますので、その中から引き出したい金額を選びます。
小額から引き出すことが出来ますので、引き出しすぎたということを防げます。

キャッシングっていうと、利率が高いのでは……と思うのなら、実際に計算してみよう!

海外キャッシング 金利 手数料

18%の利率……というと高額に思えるけれど、これは「年率」です。

海外キャッシングの利息は18%となっていますが、これは年利です。
実際にはキャシングした日から支払日までの期間で計算します。


キャッシングした日によって返済日は違い、19日~56日ほどになります。

・最短19日間の場合は 利率:18%×19日÷365日=0.94%
・最長56日間の場合は 利率:18%×56日÷365日=2.77%

となります。

激突!外貨両替VS海外キャッシング!

さて、外貨両替と海外キャッシングの手数料はどちらがお得でしょう。
円をドルに替えるして、1ドル100円で計算してみます。
10万円分のドルにした場合で考えてみます。

外貨両替

外貨両替の場合は、1ドル3円ほどの両替手数料がかかります。
これは両替する会社によって多少違いはあります。
10万円をドルにすると1,000ドルとなり、1,000×3円で手数料は3,000円です。

海外キャッシング

海外キャッシングでは、1000ドルをキャッシングし金利18%で、30日後に返済したとします。
1000ドルは10万円なので金利は
10万×0.18%÷365日で1日当たり約49円、30日分で1,470円となります。
ATMの引き出し手数料が210円かかるところもありますが、引き出し手数料無料のところも多いです。


さらに早く30日後ではなく1週間などで返済すれば、利息は少なくなり、手数料も少なくなります。

こうして比べてみると海外キャッシングの方が手数料が遙かに安いのです。

帰国したら日本国内のATMで繰上げ返済!がさらに安く使うためのコツ!

海外キャッシングでは、如何にキャッシングしてからすぐに返済するかが手数料を安くする方法です。
たとえば日曜にキャッシングして、月曜に帰国して返済すれば手数料は1日分の金利で済みます。


海外キャッシングの年利は18%であり、1ヶ月の金利はおよそ1.5%です。
キャッシングから1日で返済すれば金利は1日分の0.05%となり、安く済ませられます。
1万円のキャッシングなら5円、10万円のキャッシングなら50円の手数料です。


通常返済はカード会社に連絡して振り込みますが、最近ではATMから返済も出来るので、気軽に出来て便利です。


これからは、海外キャッシングでの両替が鉄板です。

海外キャッシング


一昔前なら海外旅行で使うお金は現地で外貨両替が主流でしたが、最近ではクレジットカードに海外キャッシングという枠が出来たので、それを使うととても便利です。
必要なお金だけを引き出して使うことが出来、利用の手数料も外貨両替よりも安いです。


しかし1.75%ぐらいのポイント還元率のクレジットカードを持っているなら、海外旅行ではクレジットカード払いが一番お得です。
ポイント還元率は0.5%ぐらいのクレジットカードなら海外キャッシングを利用して方がお得です。


いかがだったでしょうか?
是非とも手数料の安い海外キャッシングを利用してみて下さい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「使う」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com