• 【低金利・保証料タダ・ネット完結】じぶん銀行住宅ローンは驚きの低金利なのにメリット満載!じぶん銀行住宅ローンが秀でている5つの点を一挙紹介!

2015/05/22

借りる

909views

【低金利・保証料タダ・ネット完結】じぶん銀行住宅ローンは驚きの低金利なのにメリット満載!じぶん銀行住宅ローンが秀でている5つの点を一挙紹介!

まずはじぶん銀行住宅ローンの商品概要を知ろう!

イオン銀行ネットフリーローン

じぶん銀行」という銀行をご存知でしょうか?

じぶん銀行とは、三大メガバンクのひとつにあたる三菱東京UFJ銀行と携帯電話を扱うキャリア「au」が共同で立ち上げたネット銀行です。


このネット銀行では、三菱東京UFJ銀行による住宅ローンを委託される形で、住宅ローンを扱っています。

というと、「じぶん銀行から申し込むのではなく、三菱東京UFJ銀行から直接申し込んだほうが早いのでは?」と思われるかもしれません。

そもそもこの商品は「じぶん銀行専用の商品」というのもありますが、実は三菱東京UFJ銀行の住宅ローンよりも、じぶん銀行の住宅ローンのほうが使い勝手はおろか、金利も低いなどメリットは満載なのです。


そこで、今回はじぶん銀行の扱う住宅ローンのメリットについて迫ってみましょう!


じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行住宅ローン

変動金利(変動金利選択プラン)0.595%
固定5年(当初金利引下げプラン)0.93%
固定10年(当初金利引下げプラン)1.23%
保証料無料
事務手数料借入額の2.16%
限度額500万〜1億円
来店の必要性必要なし


じぶん銀行住宅ローンはどんな商品?


じぶん銀行住宅ローンの金利は?

じぶん銀行住宅ローンでは、3つの金利タイプがあります。

変動金利選択プラン

金利方式基準金利(保証料込)引下げ幅借入金利(保証料込)
変動タイプ年 2.675%年 -2.080%年 0.595%
固定特約タイプ1年年 2.675%年 -1.900%年 1.200%
2年年 1.300%
3年年 1.400%
5年年 1.800%
10年年 1.850%
15年年 2.700%
20年年 3.150%


とにかく最も低い金利で借りたい!」という方におススメのプランです。

借入後は市場の金利情勢によって、毎月金利の見直しが行われます。

このプランでは固定金利と変動金利が選択出来るため、金利の状態を見て他のタイプに変更することも可能となっています。

通期金利引下げプラン

金利方式基準金利(保証料込)引下げ幅借入金利(保証料込)
変動タイプ年 2.675%年 -1.900%年 0.775%
固定特約タイプ1年年 2.675%年 -1.900%年 1.200%
2年年 1.300%
3年年 1.400%
5年年 1.800%
10年年 1.850%
15年年 2.700%
20年年 3.150%


借入期間中、基準金利からの引下げ幅が一定となるプランです。

こちらも固定金利と変動金利が選択でき、もちろん他のタイプに変更することも可能。

変動金利を選択した場合は、年に2回金利見直しの機会があります。

当初金利引下げプラン

固定年数基準金利
(保証料込)
引下げ幅借入金利(保証料込)
特約期間特約終了後特約期間特約終了後
5年年 3.400%年 -2.420%年 -1.620%年 0.980%年 1.780%
10年年 3.750%年 -2.420%年 -1.620%年 1.330%年 2.420%


直近の返済額は少なめに抑えたい」という方にぴったりのプランが、当初金利引下げプランです。

借入後5年間もしくは10年間は特約期間として固定金利で返済を行い、特約期間終了後は変動金利か特約固定タイプから金利体系を選択することができます。

ただし、固定特約の期間中は、原則別の金利タイプに変更することはできません。

固定特約期間が短いほど、低金利での返済が可能となっています。



じぶん銀行住宅ローンの申込条件は?

じぶん銀行住宅ローンの申込条件は、以下のものとなります。


  • じぶん銀行ウェブサイトより本商品をお申し込みのお客さま
  • 年齢がお借入時に20歳以上70歳の誕生日まで、完済時に80歳の誕生日までで、保証会社(三菱UFJ住宅ローン保証(株))の保証を受けられるお客さま
  • 団体信用生命保険にご加入が認められるお客さま(保険料は三菱東京UFJ銀行が負担)
  • お借入総額が住宅の建設費または購入価額の範囲内のお客さま
  • お借り替えの場合は、当初ご購入時のお借入総額が住宅の建設費または購入価額の範囲内のお客さま
  • 日本国籍のお客さま、または永住許可等を受けている外国人のお客さま
  • 同一勤務先に満3年以上勤務され、三菱東京UFJ銀行にて給与振込(三菱東京UFJ銀行の規定による)をご利用中のお客さま
  • 三菱東京UFJ銀行にて「スーパー普通預金(メインバンクプラス)」および「三菱東京UFJダイレクト」をご利用中または今後ご利用いただけるお客さま


三菱東京UFJ銀行の提供する商品であるためか、普通預金口座ならびにネットバンク、及び給与振込について三菱東京UFJ銀行を利用する必要があります。

今まで三井住友銀行やみずほ銀行といった他行を利用していた方には少し面倒に感じるかもしれませんが、変更する価値は十分ある住宅ローン商品ではないでしょうか。


メリットは低金利だけじゃない!じぶん銀行住宅ローンが秀でている5つの点。


保証料は無料!金利の上乗せはないから、返済額がかさみません。

一般的に、メガバンクや地方銀行の住宅ローン商品では、保証料を支払う時は融資を受ける際に一括で支払うか、もしくは毎月の返済時にかかる金利に上乗せされる形で支払うことになります。

ただし保証会社へと支払う手数料は固定額となり、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行の扱う住宅ローンの場合は32,400円(税抜)と比較的定額です。


対して楽天銀行やイオン銀行など、ネットバンクの扱う住宅ローンの場合は、保証料に関しては無料で提供していることが多いです。

その代わり、メガバンクや地方銀行では無料となっていた事務手数料が金利に上乗せされたり、一括で大きな額を支払う必要があります。

先に出した楽天銀行の場合、固定金利の場合は324,000円とメガバンクの10倍となる手数料を支払う必要があるのです。


じぶん銀行の住宅ローンでは、提供元が三菱東京UFJ銀行であるせいか、保証料は金利に組み込まれるタイプとなります。

と言うとがっかりされるかもされませんが、実は基準金利より保証料分(0.2%)程度引下げが行われるため、実質保証料は無料と言えるでしょう。

また、事務手数料は金利に関わらず借入金額の2.16%(税込)を融資時に一括して支払う形となります。

ですから、たとえば300万円借りた場合は64,800円、1,000万円借りた場合は216,000円の事務手数料がかかる計算となります。


つまりじぶん銀行の住宅ローンは、メガバンク並みの事務手数料の安さを維持しながら、保証料は無料となっている一粒で二度おいしい住宅ローンとなっているのです。


返済方法は一定の返済額を保てる「元利均等返済」と最終的な返済額が少ない「元金均等返済」の2種類から選べる!


じぶん銀行の住宅ローンでは、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類から返済方法を選択出来ます


元利均等返済

元利金等返済は、毎月決まった額(元金+利息)を返済し続ける方法です。

住宅ローンの返済は非常に長期にわたりますから、月々一定額を支払い続ければ良い元利均等返済方式は、返済計画が非常に立てやすいことがメリットの1つでしょう。

また、元金均等返済に比べて毎月の支払額が少なくなるため、家計の負担にもなりにくいと言われています。


その反面、なかなか元金が減らず最初のうちは利息ばかりを支払うことになってしまうため、最終的に支払う金額は元金均等返済に比べると多くなってしまうデメリットがあります。


元金均等返済

元金均等返済は、月々決まった元金に利息をプラスした金額を毎月支払っていく形式です。

毎月一定の元金を支払っていくため、支払を行えば行うほどかかる利息は減っていくため、その分最終的な支払総額が少なくなるメリットがあります。

ですが、返済当初は元金に加え多くの利息を支払う必要があるため、返済の負担が元利均等返済に比べてかなり重たいと言えます。



「元利均等返済」と「元金均等返済」のどちらを利用するかは、今後のライフプランや現在の財政状況にもよりますので、よく考えて選択しましょう。

また、どちらを選ぶにしても、余裕のある時に繰上げ返済をしていけば支払わなければならない利息は確実に減ります。

じぶん銀行の住宅ローンの場合は、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングを利用すれば手数料無料で繰上げ返済が行えますので、うまく活用していきましょう。


三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングなら、一部繰上げ返済手数料は無料!

住宅ローンを安く返済したいなら、繰上げ返済を賢く利用しよう!」とはよく言われますが、実は一部繰上げ返済には手数料がかかってしまうことが大半です。


じぶん銀行では、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングを通じて一部繰上げ返済が可能です。

しかも繰上げ返済の手数料は無料ですから、手数料を気にせずにどんどん繰上げ返済ができます。

そのうえ繰上げ返済をすればするほどかかる金利は減っていきますから、とても魅力的ですよね。


事前審査から契約まで、来店不要でネット完結も可能!


じぶん銀行はネットバンクですから、実店舗を持っていません。

ですから、申込から契約までインターネットだけで完結することだって可能です。

基本的にはインターネットからの申込後、郵送や電話にて手続きを行う形となります。

ただし、「通期金利引下げプラン」と「当初金利引下げプラン」は場合によっては契約時に最寄りの三菱東京UFJ銀行へ来店する必要があることもありますので、注意が必要です。


銀行からの出産祝い?!出産の申し出で1年間にわたり年0.2%金利を優遇

じぶん銀行の住宅ローンでは、女性向けの特典を用意しています。

住宅ローンの借入後、めでたくお子さんができた場合にこの特典は利用出来ます。

借入した本人より、出産前から出産後6ヶ月以内に銀行側にその事実を申し出ると、申し出た月より1年間、適用金利よりさらに0.2%も金利を下げてくれるのです。

出産や子育てにはさらにお金がかかりますし、これはうれしい特典ですよね。


申し出る際には、健康保険証や母子手帳などでその事実を確認するとのことなので、利用する際にはこの2つを忘れず用意しましょう。


ネット銀行の低金利とメガバンクの信頼性どちらもとりたい!という欲張りな人におススメ!


ネットバンクを利用する際、一番気になる部分は「本当に信頼していいの?」という部分かと思います。

特に住宅ローンという大きな借入では、銀行の信頼性は大事な部分ですよね。


じぶん銀行はネットバンクでありながらも、三菱東京UFJ銀行が深く関わっている銀行です。

しかもじぶん銀行の住宅ローンは、提供元の三菱東京UFJ銀行が取り扱う住宅ローンよりも低金利で借入することができますし、ネットバンクの住宅ローンの中ではなかなかに優良金利と言えます。


ネットバンクの低金利とメガバンクの信頼性、どちらも欲しい!という人には、とてもおススメの住宅ローンです。



じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行住宅ローン

変動金利(変動金利選択プラン)0.595%
固定5年(当初金利引下げプラン)0.93%
固定10年(当初金利引下げプラン)1.23%
保証料無料
事務手数料借入額の2.16%
限度額500万〜1億円
来店の必要性必要なし


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com