2015/09/24

借りる

749views

【意外すぎる原因】同居人の信用情報のせいで審査落ち?!自動車ローンで稀にある、意外な審査落ちの原因。

特に延滞をしたことはないし、収入もある……のにカーローンで審査落ち?!

カーローン 審査

家族を持てば休みの日には遊びに行ったり旅行に行ったりとすることもあり、自動車が必要になります。


自動車を買おうと思ったら、現金一括で購入する人は稀であり、ほとんどの人がローンを組んで買うことでしょう。


しかし、カーローンを組もうとしたら審査に落ちた、自分は信用情報に傷もないし収入もあるのに何故か落ちたという人はいないでしょうか?


そのような場合には、同居人の信用情報などが原因になっているかもしれません。

もしかしたら……こんなことはありませんか?

カーローン 審査項目

カーローンの審査ではもちろん同居人の方の情報を審査することはありませんが、申込者本人の審査の段階で、どうしても同居人の情報も出てくる場合もあります。


そのような経緯で同居人の方の信用情報などもローン会社に知られてしまい、何らかの問題がある場合には、あなたと同居人が繋がりがあるので審査不合格となることもあります。

同じ住所の同居人に、信用情報にキズがあるかも?

まず考えられる原因として、同居人の方の信用情報に傷がある場合です。


これは債務整理で、信用情報に任意整理や自己破産をして年数が経っていない同居人がいる。


これがカーローンの審査の段階で判明して、審査不合格になることがあります。

連帯保証人とかになっていませんか?

上記の信用情報に傷がある同居人がいる場合と似ていますが、同じようにそのような方の連帯保証人になっていると、審査で落とされることがあります。


連帯保証人ですので、この場合は完全にあなたと同居人の方の繋がりはあることとなり、それによってカーローンの審査段階で落とされることもあります。

自動車ローンを申し込んだ時より半年以内に、他の自動車ローンだけでなく、各種ローンやクレジットカードの申込をしていませんか?

これは所謂申し込みブラックというものであり、短い期間に沢山のローン会社やクレジットカード会社に申し込むと、あなたはお金を沢山必要としている人だと見られます。


そうなると、多額の借金をして返済不能に陥って債務整理をするのではないかとローン会社に思われてしまうのです。


このように思われるので、一度に複数社の金融機関に申し込んでいる人は、審査で落ちる可能性が高いです。

携帯電話の料金、滞納していませんか?

携帯電話の料金を滞納している人もカーローンの審査で落ちることが多いです。


滞納している人の中には、そのまま携帯電話の支払額が増えてしまって踏み倒すような人もいます。


そのような人はローンも踏み倒す危険もあり、ローン会社もリスクを減らすために、このような携帯電話の料金を滞納している人は、審査で落とす場合が多いのです。

「これまでカードもローンも使ったことなどない!」なんて方ですか?

どのようなローンにしてもカーローンでも、審査ではまずは機械的な簡易審査があります。

この審査を通過して次に人による本審査と移るわけです。


機械的な簡易審査では、信用情報をみて返済履歴やローンの使用履歴を見て、それらで簡易的にそして自動的に審査を行います。


この段階で、信用情報に一切履歴のない、いままで一度もローンを使ったことがないと言う人は自動的に審査不合格になります。


これは、信用情報に履歴のない人は債務整理をして数年間ローンの組めない人、または今まで一度もローンを使ったことがない人のどちらかになりますが、ローン会社ではこの2つを区別することが出来ませんので、信用情報に履歴がないと、問答無用で審査不合格としています。

車を買う前に、大きな買物をローンやカードでしていませんか?

ローンは何も車を買うためだけではなく、違う買い物にも使う場合もあります。


このようなときに、車以外で大きな買い物をローンで行っていると、ローン会社では借りすぎと見られるのです。


借りすぎているので、カーローンを組めば返済は出来ないだろうとみられてしまい、審査段階で不合格にされます。

過去に、キャッシングをしていませんか?また、キャッシング専用のカードを持っていませんか?

キャッシングしている人は、たとえその金額が少なくても、ローン会社としてはお金に困っている人だと思うのです。


そのために、過去にキャッシングをして返済中なら、それを完済してからカーローンに申し込むべきです。

直近3年間の間に、転職などしていませんか?

カーローンの申し込み条件としては、勤続1年半~2年以上の方が対象と明記されていることが多いです。


このために、直近3年以内に転職して勤続年数が短い場合は、審査で落とされることがあります。



十分対策の上、ローンは申し込もう。

カーローン 対策​​​​​​​

いかがだったでしょうか?


カーローンはあなたの信用情報や属性に問題が無くても、意外な部分で審査落ちすることもあります。


審査に落ちないためにも、まずは十分に対策して申し込んだ方がいいでしょう。


審査で仮に落ちてしまったとしても、どのような理由で審査落ちしたかは教えてくれるところはありません。


自分で状況を整えてから申し込むしか方法はないのです。


この記事が気に入ったらいいね!しよう

マネストの最新エントリーが見られます。

Twitterでマネストをフォローしよう!

「借りる」ランキング

人気記事総合ランキング

Tweet by @ManeSto_com